日本人

江藤淳

小林秀雄と江藤淳から見た三島由紀夫「あれは病気」「吉田松陰も病気か」

人物紹介 小林秀雄 小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)4月11日 – 1983年(昭和58年)3月1日)は、日本の文芸評論家、編集者、作家。(略) 近代日本の文芸評論の確立者であり、晩年は保守文化人の代表者であ...
後藤忠政

後藤忠政から見た竹中正久「この人のためならどんなことでも動く」

人物紹介 後藤忠政 後藤 忠政(ごとう ただまさ、本名: 後藤 忠正=読み同じ、1942年9月16日 – )は、日本の元暴力団員。20世紀から21世紀の初頭に掛けて活動したヤクザ。 暴力団・川内組若頭補佐兼静岡支部長を経て、暴力団...
後藤忠政

後藤忠政から見た山口二矢「あんな生き方ができたらと憧れた」

人物紹介 後藤忠政(1942年9月16日 – ) 後藤 忠政(ごとう ただまさ、本名: 後藤 忠正=読み同じ、1942年9月16日 – )は、日本の元暴力団員。20世紀から21世紀の初頭に掛けて活動したヤクザ。 暴力団・川内組若頭...
小沢一郎

後藤忠政から見た小沢一郎「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」

人物紹介 後藤忠政 後藤 忠政(ごとう ただまさ、本名: 後藤 忠正=読み同じ、1942年9月16日 – )は、日本の元暴力団員。20世紀から21世紀の初頭に掛けて活動したヤクザ。 暴力団・川内組若頭補佐兼静岡支部長を経て、暴力団...
後藤忠政

後藤忠政から見た野村秋介「爽やかな男」「話していて誠を感じる」

人物紹介 後藤忠政(1942年9月16日 - ) 後藤 忠政(ごとう ただまさ、本名: 後藤 忠正=読み同じ、1942年9月16日 - )は、日本の元暴力団員。20世紀から21世紀の初頭に掛けて活動したヤクザ。 暴力団・川内組若頭...
梅原龍三郎

保田與重郎は梅原龍三郎をどう見たか。「この上ない無気力の表明」

批評家の保田與重郎は洋画家の梅原龍三郎をどう見たのだろうか。 保田與重郎は『日本に祈る』で梅原龍三郎に言及している。 保田與重郎 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治43年)4月15日 – ...
影山正治

保田與重郎は影山正治をどう見たか。「素戔嗚尊に繋がり得る心の状態にいる人」

文芸評論家・保田與重郎は右翼活動家の影山正治をどう見たのだろうか。 保田與重郎は影山正治に「日本女性語録」で言及している。 保田與重郎 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治43年)4月15日...
棟方志功

保田與重郎は棟方志功をどう見たか。「ルオーに対抗する東方の天造物」

批評家の保田與重郎は版画家・棟方志功をどう見たのだろうか。 保田與重郎は『日本に祈る』の中で、ピカソ、ルオー、次いで棟方志功に言及している。 保田與重郎 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治...
小林秀雄

小林秀雄はヘーゲルをどう見たか。「およそ見残しをしない自分の眼力」

批評家の小林秀雄は哲学者のヘーゲルをどう見たのだろうか。 小林はヘーゲルについて、『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)の三木清との対談の中で言及している。 小林秀雄 小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)...
小林秀雄

今日出海は小林秀雄をどう見たか。「何でもないところが敬愛に値する」

小説家で評論家の今日出海(こん・ひでみ)は小林秀雄をどう見たのだろうか。 これは『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)に収録されている、昭和50年(1975年)に行われた小林と今の「毎日新聞」紙上での対談から窺うことができる。...
タイトルとURLをコピーしました