外国人

エパメイノンダス

モンテーニュはエパメイノンダスをどう見たか。「もっとも傑出した男たち」

哲学者のモンテーニュは、古代ギリシャ・テーバイの政治家・軍人であるエパメイノンダスをどのように見ていたのか。 モンテーニュのエパメイノンダス観は、モンテーニュの主著『エセー』の中で窺うかがうことができる。 ミシェル・ド・モンテーニュ...
パスカル

パスカルはモンテーニュをどう見たか。「自己を描こうとした愚かな企て」

「人間は考える葦である」という言葉で有名な哲学者のパスカルは、哲学者ミシェル・ド・モンテーニュについてどのように考えたのか。 パスカルのモンテーニュ観は『パンセ』の記述から窺うかがうことができる。 ブレーズ・パスカル(1623年6月...
オルテガ

オルテガは「樽のディオゲネス」をどう見たか。「犬儒派は文明のボイコット」

スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットは、古代ギリシャの哲学者・犬儒派のディオゲネスをどう見たのだろうか。 オルテガのディオゲネス観はオルテガの代表的著書『大衆の反逆』の記述から窺うかがうことができる。 オルテガ・イ・ガセット(18...
ニーチェ

ユングはニーチェをどう見たか。「最大の慎重さで遇せられる狂人」

心理学者のグスタフ・ユングは哲学者フリードリヒ・ニーチェをどのように見ていたのだろうか。 ユングのニーチェ観は『ユング自伝――思い出・夢・思想』の記述から窺うかがうことができる。 カール・グスタフ・ユング...
ソクラテス

ニーチェはソクラテスをどう見たか。「兵士のように生きたペシミスト」

フリードリヒ・ニーチェはソクラテスについてどう見たのだろうか。 ニーチェのソクラテス観は、ニーチェの著書『悦ばしき知識』の中でうかがうことができる。 フリードリヒ・ニーチェ(1844年10月15日 - 1...
タイトルとURLをコピーしました