小説家

江藤淳

小林秀雄と江藤淳から見た三島由紀夫「あれは病気」「吉田松陰も病気か」

人物紹介 小林秀雄 小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)4月11日 – 1983年(昭和58年)3月1日)は、日本の文芸評論家、編集者、作家。(略) 近代日本の文芸評論の確立者であり、晩年は保守文化人の代表者であ...
カミュ

サルトルから見たカミュ「陰気くさい自惚れ」「君の天性である虚飾」

人物紹介 アルベール・カミュ(1913年11月7日 – 1960年1月4日) フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。 第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目され...
カミュ

カミュから見たシラー「シラーは救い得たすべてを救ったので…」

人物紹介 アルベール・カミュ(1913年11月7日 - 1960年1月4日) フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。 第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目され...
小林秀雄

今日出海は小林秀雄をどう見たか。「何でもないところが敬愛に値する」

小説家で評論家の今日出海(こん・ひでみ)は小林秀雄をどう見たのだろうか。 これは『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)に収録されている、昭和50年(1975年)に行われた小林と今の「毎日新聞」紙上での対談から窺うことができる。...
田中清玄

田中清玄は三島由紀夫をどう見たか。「剣も礼儀も知らん男」

戦後右翼の大物・田中清玄は小説家の三島由紀夫をどのように見ていたのだろうか。 田中清玄の三島由紀夫観は『田中清玄自伝』から窺うことができる。 田中清玄(1906年3月5日 – 1993年12月10日)は戦後の大物右翼、天皇主義者。戦...
三島由紀夫

三島由紀夫はサルトルをどう見たか。「ダンディズムの欠如」

小説家の三島由紀夫は哲学者のジャン=ポール・サルトルをどのように見ていたのだろうか。 三島のサルトル観は東大全共闘との討論記録『美と共同体と東大闘争』(角川文庫)や三島の対談集『源泉の感情』などから窺うことができる。 三島由紀夫は日...
タイトルとURLをコピーしました