竹中武

ヤクザ

後藤忠政から見た竹中正久「この人のためならどんなことでも動く」

竹中正久は1984年に、三代目組長だった田岡一雄の死後空位となっていた四代目組長に就任するも、翌年の1985年にそのことへの不満から分裂した組織・一和会のヒットマンによって射殺されている。 その竹中について、山口組の二次団体である後藤...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました