政治家

政治家

長野修一から見た小泉純一郎「アメリカさんのご機嫌ばかり取ってます」

暴力団組長の長野修一は政治家の小泉純一郎をどう見たのだろうか。 長野修一は小泉純一郎について、木村勝美の著書『竹中四代目暗殺事件のヒットマン・長野修一』に収録されている長野自身による獄中書簡の中でふれている。 「アメリカさんのご機嫌...
政治家

後藤忠政から見た安倍晋三「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は、政治家の安倍晋三についてどう見ていたのか。 後藤忠政は政治家・安倍晋三について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」 後藤忠政は小泉純一郎...
政治家

後藤忠政から見た小泉純一郎「国民の痛みなんか分かるわけないわな」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は政治家の小泉純一郎についてどう見ていたのか。 後藤忠政は小泉純一郎について自著『憚りながら』(宝島社)の中で、小泉進次郎や竹中平蔵らとともに言及している。 「国民の痛みなんか分かるわけないわな」...
スポンサーリンク
政治家

後藤忠政から見た森喜朗「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」

元後藤組組長の後藤忠政は、自民党の政治家である森喜朗についてどう見ていたのか。 後藤忠政は森喜朗について、自著『憚りながら』の中で手短に言及している。 「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」 後藤忠政は自著『憚りながら』の中で、自...
詩人

ゲーテの見たナポレオン「いつも開悟して明晰で決断力があった」

ドイツの詩人ゲーテは、軍人からフランスの皇帝になったナポレオンをどう見たのだろうか。 ゲーテはナポレオンについて『ゲーテとの対話』の中で言及している。 『ゲーテとの対話』はゲーテに親しく接したエッカーマンによる著書。ゲーテを敬愛する...
政治家

猪木寛至の見たゴルバチョフとヤナーエフ「ソ連にはお喋りは似合わない」

プロレスラーで国会議員としても活躍した猪木寛至(アントニオ猪木)は、ロシアの政治家であるミハイル・ゴルバチョフ、またソ連邦時代にクーデター事件の首謀者の一人となったゲンナジー・ヤナーエフについてどのように見たのか。 猪木のゴルバチョフ...
作家

佐藤優の見た森喜朗「森氏は本心から思っている。私は胸が熱くなった」

元外務官僚で作家の佐藤優は、政治家で総理大臣も務めた森喜朗についてどのように感じていたのか、佐藤優の著書『インテリジェンス人間論』から窺うことができる。 「森氏は本心から思っている。私は胸が熱くなった」 森喜朗が総理大臣だった当時、加藤...
作家

佐藤優から見た小渕恵三「小渕総理の情報感覚は実に優れていた」

元外務官僚で作家の佐藤優は、政治家で総理大臣も務めた小渕恵三についてどのように見ていたのか、佐藤優の著書『インテリジェンス人間論』から窺うことができる。 「小渕総理の情報感覚は実に優れていた」 1998年当時、対露外交をめぐる情報につい...
政治家

後藤忠政から見た小沢一郎「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」

山口組の二次団体組長だった後藤忠政は、自著の『憚りながら』の中で、当時の民主党政権を批判しつつ小沢一郎について触れている。 「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」 その該当の箇所は次のようなものである。 俺は小沢さんという人は、もう...
批評家

ヴァレリーから見たペタン元帥「何という軍歴でありましょう!」

フランスの詩人・小説家・批評家であるポール・ヴァレリーは、軍人で政治家のフィリップ・ペタンをどう見ていたのだろうか。 ヴァレリーは「フランス学士院におけるペタン元帥の謝辞に対する答辞」や「ペタン元帥頌」でペタン元帥に言及している。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました