アウトサイダー

「アウトサイダー」には現在のところ、以下の子カテゴリーが含まれている。

  • 右翼(例:田中清玄)
  • ヤクザ(例:後藤忠政)
  • スパイ(例:ゾルゲ)
ヤクザ

後藤忠政から見た中山勝正「偉そうなところがなくて実に爽やかな人」

元ヤクザの後藤忠政は、四代目山口組若頭だった中山勝正についてどう見ていたのか。 後藤忠政は中山勝正について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「偉そうなところが全然なくて、実に爽やかな人」 後藤忠政は中山勝正についてこのよう...
ヤクザ

後藤忠政から見た山本健一「懐の深い大物だなと改めて尊敬した」

元ヤクザの後藤忠政は、三代目山口組若頭で山健組組長だった山本健一についてどう見ていたのか。後藤忠政は山本健一について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「懐の深い大物だなって改めて尊敬させられた」 後藤忠政は兄貴分だった伊堂敏雄に...
政治家

後藤忠政から見た安倍晋三「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は、政治家の安倍晋三についてどう見ていたのか。 後藤忠政は政治家・安倍晋三について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」 後藤忠政は小泉純一郎...
政治家

後藤忠政から見た小泉純一郎「国民の痛みなんか分かるわけないわな」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は政治家の小泉純一郎についてどう見ていたのか。 後藤忠政は小泉純一郎について自著『憚りながら』(宝島社)の中で、小泉進次郎や竹中平蔵らとともに言及している。 「国民の痛みなんか分かるわけないわな」...
政治家

後藤忠政から見た森喜朗「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」

元後藤組組長の後藤忠政は、自民党の政治家である森喜朗についてどう見ていたのか。 後藤忠政は森喜朗について、自著『憚りながら』の中で手短に言及している。 「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」 後藤忠政は自著『憚りながら』の中で、自...
実業家

後藤忠政から見た堀江貴文「チンピラにもなれん小チンピラ」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は、元ライブドア社長の「ホリエモン」こと堀江貴文をどう見ていたのか。 後藤忠政は堀江貴文について、村上ファンド創設者の村上世彰や政治家の小泉純一郎とともに、自著『憚りながら』の中で言及している。 ...
実業家

田中清玄の見た土光敏夫「真夏なのに扇風機もクーラーもなく団扇だけ」

右翼の田中清玄は、東芝社長で経団連の会長も務めた大物財界人、土光敏夫をどのように見ていたのか。 『田中清玄自伝』で田中清玄は、土光敏夫の暮らしぶりの極端な質素さに思わず驚かされたというエピソードを披露している。 「真夏なのに扇風機も...
軍人

田中清玄から見た瀬島龍三と尾崎秀実「中曽根は付き合う人間を考えろ」

右翼の田中清玄は元軍人の瀬島龍三をどう見たのか。 田中は『田中清玄自伝』の中で瀬島龍三に言及し、加えてゾルゲ事件で有名な尾崎秀実(おざきほつみ)についても言葉少なに触れている。 「中曽根は付き合う人間を考えろ」 田中は『田中清玄自...
作家

田岡由伎の見た田岡一雄「動物的とも思えるほど人の気持ちの分かる人」

田岡一雄の娘でエッセイストの田岡由伎は、田岡一雄についてどう感じていたのか。 それは田岡由伎の著書『お父さんの石けん箱』から窺うことができる。 「動物的とも思えるほど、人の気持ちがわかる人」 短大を出たあと、自分は一体何をしたらえ...
ヤクザ

加茂田重政から見た石川裕雄「わしは何も思わん。極道として当たり前のこと」

山口組から分裂した一和会の有力者だったヤクザ・加茂田重政は、四代目山口組組長・竹中正久の射殺を指揮した同じ一和会の石川裕雄についてどのように見ているのか。 加茂田重政は石川裕雄について著書『烈侠』で言及している。 「わしはなにも思わ...
タイトルとURLをコピーしました