思想家

小説家

三島由紀夫は吉本隆明をどう見たか「これを彼が言うところが面白い」

小説家の三島由紀夫は評論家・思想家の吉本隆明をどう見たのだろうか。 三島は吉本隆明について『対談集 源泉の感情』で言及している。 「考え方はわりに好き」「これを彼が言うところが面白い」 三島は安部公房との対談で吉本隆明について好意...
哲学者

ニーチェはシャンフォールをどう見たか。「人間通でもあり民衆を知っていた」

哲学者のフリードリヒ・ニーチェは、フランス革命期のモラリストであるシャンフォールをどう見ていたのだろうか。 ニーチェは『悦ばしき知識』でシャンフォールに言及している。 フリードリヒ・ニーチェ フリードリヒ・ニーチェ(1844年10...
哲学者

バタイユはニーチェをどう見たか。「自分の中で不幸を自由に語らせなかった」

ジョルジュ・バタイユはフリードリヒ・ニーチェをどう見たのだろうか。 バタイユは『純然たる幸福』(ちくま学芸文庫)でニーチェに言及している。 ジョルジュ・バタイユ ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ(George...
哲学者

バタイユはヘーゲルをどう見たか。「この表現を知らないことは空しい」

思想家のジョルジュ・バタイユは哲学者ヘーゲルをどのように見ていたのか。 バタイユはヘーゲルについて『純然たる幸福』(ちくま学芸文庫)の「ヘーゲル、人間と歴史」で言及している。 ジョルジュ・バタイユ ジョルジュ・アルベール・モリス・...
タイトルとURLをコピーしました