初月無料、電子書籍200万冊以上が読み放題

Amazon Kindle Unlimited の詳細はこちら

バタイユはニーチェをどう見たか。「自分の中で不幸を自由に語らせなかった」

この記事は約3分で読めます。

ジョルジュ・バタイユはフリードリヒ・ニーチェをどう見たのだろうか。

バタイユは『純然たる幸福』(ちくま学芸文庫)でニーチェに言及している。

人物紹介

ジョルジュ・バタイユ

ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ(Georges Albert Maurice Victor Bataille、1897年9月10日 – 1962年7月8日)は、フランスの哲学者、思想家、作家。フリードリヒ・ニーチェから強い影響を受けた思想家であり、後のモーリス・ブランショ、ミシェル・フーコー、ジャック・デリダなどに影響を及ぼし、ポスト構造主義に影響を与えた。

引用:Wikipedia

フリードリヒ・ニーチェ

フリードリヒ・ニーチェ(1844年10月15日 – 1900年8月25日)はドイツの哲学者。バーゼル大学で古典文献学の教授として勤務、この頃の同僚には歴史家・ヤーコプ・ブルクハルトがいる。哲学者ショーペンハウアー、音楽家ワーグナーに影響されるも後に決別。病気に苦しみつつも哲学的思索に没頭するも、1889年に発狂、その11年後の1900年に死没している。「神の死」「超人」「永劫回帰」といった概念によって現代にまで強い影響力を持つ哲学を展開した。主著に『善悪の彼岸』『ツァラトゥストラかく語りき』がある。(参考:Wikipedia

「ニーチェの偉大さは、彼を圧倒した不運に自分の思考を一致させなかったことにある」

短いが引用する。テクストは『純然たる幸福』(ちくま学芸文庫)の「真面目さの彼方」。

ニーチェの偉大さは、彼を圧倒した不運に自分の思考を一致させなかったことにある。彼が屈服しなかったというのは、たしかに彼の運がよかったということではある。だが彼の幸福は、自分のなかで不幸を自由に語らせておかなかったということに帰着するのである。

引用:「真面目さの彼方」『純然たる幸福』(ちくま学芸文庫)345頁

「ニーチェの偉大さは、彼を圧倒した不運に自分の思考を一致させなかったことにある」という表現は秀逸であると思う。

そしてここでバタイユが「彼(ニーチェ)を圧倒した不運に自分の思考を一致させなかった」と言っているのは、平たく言えば、ニーチェが病魔に苦しんだにも関わらず、ペシミストにならなかったということを指している。

本記事で扱われるニーチェの著作では、以下のものはAmazonの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited』で読むことができる。(2022年11月11日閲覧時の情報)

  • 『ツァラトゥストラはこう言った』上巻 (岩波文庫)
  • 『ツァラトゥストラ(上)』 (光文社古典新訳文庫)
  • 『この人を見よ』 (光文社古典新訳文庫)
  • 『善悪の彼岸 』(光文社古典新訳文庫)
Amazon『Kindle Unlimited』の紹介

ネット上でお好みの記事を探すことに疲れていないだろうか?
そんな人には、Amazonの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)』がお勧めだ。
『Kindle Unlimited』のポイントは以下の通り。

  • スマホ、タブレット、PCなどどんな端末でも利用可
  • マンガ、小説、雑誌など200万冊以上が読み放題
  • 料金プランは月額980円、初回は30日間完全無料
  • 即解約しても30日間利用可、ペナルティ無し
  • 不定期でさらにお得なキャンペーンも有り

加えて、管理人から『kindle Unlimited』の登録について4つほどアドバイスがある。

  • 『kindle Unlimited』では定期的に読める本の入れ替えがある。(ラインナップからなかなか外されない本もあるが)絶対に読みたい本がラインナップの中に見つかったら、早めに登録した方がいいかもしれない。
  • kindle端末(kindle閲覧専用機器)の中にはオプションとして3ヶ月無料で『kindle Unlimited』を利用できるものがある。ガッツリ読むつもりで『kindle Unlimited』に登録するなら、オプション付きのkindle端末を購入するのも一つの手である。
  • 先述のように『kindle Unlimited』では定期的にお得なキャンペーンがあるので、すぐに利用しない人でも、利用するつもりがあるなら定期的にチェックだけでもした方がよい。
  • 一度登録して解約した人でも、ある一定の期間が経過すると初回利用の30日無料が回復するケースがある。同じくまた利用するつもりがあるならチェックした方がよい。
哲学者思想家
偉人は偉人をどう見たかをフォローする
偉人は偉人をどう見たか
タイトルとURLをコピーしました