作家

小説家

落合信彦にとってのカミュ「『シーシュポスの神話』は一番好きな本」

国際ジャーナリストで作家の落合信彦は、著書の『狼たちへの伝言』の中で、意外にもフランスの小説家、アルベール・カミュについてふれている。 「『シーシュポスの神話』は一番好きな本」 その記述が出てくるのは、落合信彦『狼たちへの伝言 2』の中...
作家

田岡由伎の見た田岡一雄「動物的とも思えるほど人の気持ちの分かる人」

田岡一雄の娘でエッセイストの田岡由伎は、田岡一雄についてどう感じていたのか。 それは田岡由伎の著書『お父さんの石けん箱』から窺うことができる。 「動物的とも思えるほど、人の気持ちがわかる人」 短大を出たあと、自分は一体何をしたらえ...
作家

佐藤優の見た森喜朗「森氏は本心から思っている。私は胸が熱くなった」

元外務官僚で作家の佐藤優は、政治家で総理大臣も務めた森喜朗についてどのように感じていたのか、佐藤優の著書『インテリジェンス人間論』から窺うことができる。 「森氏は本心から思っている。私は胸が熱くなった」 森喜朗が総理大臣だった当時、加藤...
作家

佐藤優から見た小渕恵三「小渕総理の情報感覚は実に優れていた」

元外務官僚で作家の佐藤優は、政治家で総理大臣も務めた小渕恵三についてどのように見ていたのか、佐藤優の著書『インテリジェンス人間論』から窺うことができる。 「小渕総理の情報感覚は実に優れていた」 1998年当時、対露外交をめぐる情報につい...
批評家

今日出海は小林秀雄をどう見たか。「何でもないところが敬愛に値する」

小説家で評論家の今日出海(こん・ひでみ)は小林秀雄をどう見たのだろうか。 これは『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)に収録されている、昭和50年(1975年)に行われた小林と今の「毎日新聞」紙上での対談から窺うことができる。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました