後藤忠政から見た小泉純一郎「国民の痛みなんか分かるわけないわな」

この記事は約4分で読めます。

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は政治家の小泉純一郎についてどう見ていたのか。

後藤忠政は小泉純一郎について自著『憚りながら』(宝島社)の中で、小泉進次郎や竹中平蔵らとともに言及している。

「国民の痛みなんか分かるわけないわな」

後藤忠政は自著『憚りながら』の中で、森喜朗が首相になったぐらいの時期から自民党がガタガタになった、と述べてから小泉純一郎についてこのように語っている。

それで(自民党の)支持率がどん底まで落ち込んだ時に出てきたのが、小泉だ。

「自民党をぶっ壊す」とか言って、自分の組にケンカ仕掛けるようなマネして、それを「小泉劇場」だなんだって、テレビが面白おかしく取り上げるもんだから、国民もまんまと乗せられちゃって(05年の総選挙で)圧勝だ。

「構造改革だ」「規制緩和だ」と言って日本を「ぶっ壊した」挙句、小泉が何を残した? 自分の息子だけだろ? その息子(小泉進次郎・衆議院議員)が今は「自民党の顔」だって? 勘弁してくれよっていう話だな。

小泉には、国民もいいようにやられた。国民は、小泉が不景気を何とかしてくれると思っていたからこそ、小泉の言う「痛み」とかも受け入れたんだろうが、結局は竹中平蔵(元金融担当大臣)とかにグダグダにされて、貧富の差がさらに激しくなって、「痛み」だけ押し付けられて終わったな。

おまけに、小泉が首相だった5年間に、「医療制度改革だ」なんだと言って、気づかないうちに、自分たちの生活を直撃する法律がドンドン通って、がんじがらめにされたんだ。

なんでも小泉には、あの「自民党の顔」とか言われて勘違いしてる息子(次男)の下に、もうひとり息子がいるらしいじゃないか。前の女房と別れた時に、女房のほうに引き取られた子が。ところが、その子(三男)が大きくなってから「お父さん(小泉)に会いたい」って涙ながらに電話してきたのに、小泉のほうは「血は繋がってるけど、親子関係はない」と突き放したっていう話だろ。自分の血を分けた子供でも切り捨てるような男に、そもそも国民の「痛み」なんか分かるわけがないわな。

けど、国民は馬鹿じゃないもんでな。完全に目が覚めた後は、「小泉チルドレン」とかいう連中は(09年の衆院選で)皆、落っこちた。あれだけ大騒ぎしてた「郵政改革」も、今や元に戻ろうとしてるし、結局、小泉が仕掛けたケンカにも、あいつの政治にも何ひとつ″大義“がなかったということだな。

引用:後藤忠政『憚りながら』(宝島社、2010年) 214~216ページ

後藤忠政はこのように小泉純一郎について述べている。

さらにこの文のすぐ後で、後藤は安倍晋三について言及する。

「小泉は度し難い」

また別の箇所で後藤忠政は、麻生太郎がアメリカに軽く扱われていると述べてから、小泉についてこのように評している。

小泉(元首相)にしたって同じだ。マスコミは(小泉が)ブッシュ(全アメリカ大統領)と仲良しだと言ってたけど、小泉がアメリカに着いて、飛行機を降りてきたら、ブッシュは握手しながら肩をポンポンと叩いたわけだ。

あのポンポンってのは、目下の者にやる仕草であって、兄弟分にはやらないよ。相手に少しでも尊敬の念を抱いていたら、絶対にやらん仕草だ。ところが、小泉は(ブッシュから)そんなマネされても、まだプレスリーの物真似なんかやってたんだから度し難いよな。あれじゃあ、アメリカから舐められてもしょうがない。

引用:後藤忠政『憚りながら』(宝島社、2010年) 219ページ

後藤忠政『憚りながら』の見どころ・読みどころ

この記事の引用文は後藤忠政の著書『憚りながら(はばかりながら)』からのものである。

この著書『憚りながら』では、後藤忠政が、父や兄にいじめられていた幼少期の記憶から説き起こし、静岡での愚連隊時代、山口組組長時代など、各時期についてそれぞれ起こった出来事や印象に残ったことなどを語っている。

その面白さは暴力団組長としての後藤忠政の経歴に興味のある人にとっては無論のことだが、そこに出てくる人物の多士済々な顔触れは、仮に裏社会に興味のない人でも興味深く読めるのではないかと思わせるものである。

裏表問わず縦横に繰り広げられる後藤の人物評は、賛否はともかくとして、なるほど例え裏社会であっても位人臣を極めた人はそれなりの一家言を持つに至るものなのだな、と思わせてくれる。

また言うまでもなく、子供から不良少年に、不良少年からチンピラに、チンピラからヤクザに、そしてヤクザ渡世を引退、という後藤忠政のヤクザ渡世を俯瞰できるこの著書は、アウトローに興味のある人なら一度は読んでみても損はないだろう。

この記事の主要な登場人物:後藤忠政と小泉純一郎

後藤忠政(元暴力団組長)‥‥Wikipedia
小泉純一郎(政治家・元総理大臣)‥‥‥Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました