心理学

心理学者

ユングから見たフロイト「性欲は彼にとって一種のヌミノースム」

心理学者のユングは、その師ともされるフロイトをどのように見ていたのか。 それについては『ユング自伝』の記述から窺うことができる。 「性欲は彼にとって一種のヌミノースムである」 カール・グスタフ・ユングは若い頃、ジークムント・フロイ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました