政治家

小沢一郎

後藤忠政から見た小沢一郎「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」

人物紹介 後藤忠政 後藤 忠政(ごとう ただまさ、本名: 後藤 忠正=読み同じ、1942年9月16日 – )は、日本の元暴力団員。20世紀から21世紀の初頭に掛けて活動したヤクザ。 暴力団・川内組若頭補佐兼静岡支部長を経て、暴力団...
ヴァレリー

ヴァレリーから見たペタン元帥「何という軍歴でありましょう!」

フランスの詩人・小説家・批評家であるポール・ヴァレリーは、軍人で政治家のフィリップ・ペタンをどう見ていたのだろうか。 ヴァレリーは「フランス学士院におけるペタン元帥の謝辞に対する答辞」や「ペタン元帥頌」でペタン元帥に言及している。 ...
小林秀雄

今日出海は小林秀雄をどう見たか。「何でもないところが敬愛に値する」

小説家で評論家の今日出海(こん・ひでみ)は小林秀雄をどう見たのだろうか。 これは『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)に収録されている、昭和50年(1975年)に行われた小林と今の「毎日新聞」紙上での対談から窺うことができる。...
ゲーテ

ヒトラーはゲーテをどう見たか。「ゲーテは反動でもなければ奴隷でもない」

「偉人は偉人をどう見たか」という名のサイトでヒトラーを扱うことには異論もあるだろうが、このサイトは善悪無記すべての著名人を含めて幅広く扱う。 だからヒトラーは「偉人」というより「著名人」枠で参戦したと考えてほしい。 さて、ドイツ...
エパメイノンダス

モンテーニュはエパメイノンダスをどう見たか。「もっとも傑出した男たち」

哲学者のモンテーニュは、古代ギリシャ・テーバイの政治家・軍人であるエパメイノンダスをどのように見ていたのか。 モンテーニュのエパメイノンダス観は、モンテーニュの主著『エセー』の中で窺うかがうことができる。 ミシェル・ド・モンテーニュ...
タイトルとURLをコピーしました