政治家

政治家

後藤忠政から見た小泉純一郎「国民の痛みなんか分かるわけないわな」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は政治家の小泉純一郎についてどう見ていたのか。 後藤忠政は小泉純一郎について自著『憚りながら』(宝島社)の中で、小泉進次郎や竹中平蔵らとともに言及している。 「国民の痛みなんか分かるわけないわな」...
政治家

後藤忠政から見た森喜朗「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」

元後藤組組長の後藤忠政は、自民党の政治家である森喜朗についてどう見ていたのか。 後藤忠政は森喜朗について、自著『憚りながら』の中で手短に言及している。 「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」 後藤忠政は自著『憚りながら』の中で、自...
実業家

後藤忠政から見た堀江貴文「チンピラにもなれん小チンピラ」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は、元ライブドア社長の「ホリエモン」こと堀江貴文をどう見ていたのか。 後藤忠政は堀江貴文について、村上ファンド創設者の村上世彰や政治家の小泉純一郎とともに、自著『憚りながら』の中で言及している。 ...
作家

佐藤優の見た森喜朗「森氏は本心から思っている。私は胸が熱くなった」

元外務官僚で作家の佐藤優は、政治家で総理大臣も務めた森喜朗についてどのように感じていたのか、佐藤優の著書『インテリジェンス人間論』から窺うことができる。 「森氏は本心から思っている。私は胸が熱くなった」 森喜朗が総理大臣だった当時、加藤...
政治家

後藤忠政から見た小沢一郎「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」

人物紹介 後藤忠政 後藤忠政(ごとう・ただまさ)は1942年9月16日生まれ。本名は同じ読みの後藤忠正。元暴力団組長、元山口組系・後藤組組長。東京で4人兄弟の末っ子として生まれるが、2歳の時に静岡県の富士宮市に疎開、それ以降この地で育つ...
批評家

ヴァレリーから見たペタン元帥「何という軍歴でありましょう!」

フランスの詩人・小説家・批評家であるポール・ヴァレリーは、軍人で政治家のフィリップ・ペタンをどう見ていたのだろうか。 ヴァレリーは「フランス学士院におけるペタン元帥の謝辞に対する答辞」や「ペタン元帥頌」でペタン元帥に言及している。 ...
批評家

今日出海は小林秀雄をどう見たか。「何でもないところが敬愛に値する」

小説家で評論家の今日出海(こん・ひでみ)は小林秀雄をどう見たのだろうか。 これは『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)に収録されている、昭和50年(1975年)に行われた小林と今の「毎日新聞」紙上での対談から窺うことができる。...
詩人

ヒトラーはゲーテをどう見たか。「ゲーテは反動でもなければ奴隷でもない」

ドイツの政治家・ヒトラーは、同じくドイツの文人・ゲーテに関してどのように言及したのだろうか。(取り上げる偉人(著名人)について) ヒトラーのゲーテへの言及は『我が闘争』の中に見ることができる。 アドルフ・ヒトラー(1889年4月20...
哲学者

モンテーニュはエパメイノンダスをどう見たか。「もっとも傑出した男たち」

哲学者のモンテーニュは、古代ギリシャ・テーバイの政治家・軍人であるエパメイノンダスをどのように見ていたのか。 モンテーニュのエパメイノンダス観は、モンテーニュの主著『エセー』の中で窺うかがうことができる。 ミシェル・ド・モンテーニュ...
タイトルとURLをコピーしました