田岡一雄

小説家

田中清玄の見た林房雄「義理あるがあれは『大東亜戦争提灯持ち論』」

右翼の田中清玄は、作家の林房雄をどのように見ていたのか。 田中清玄は『田中清玄自伝』の中で、林房雄に言及している。 「義理がある」「あんなもん『大東亜戦争提灯持ち論』だ」 田中清玄は蛇蝎のごとく嫌っていた児玉誉士夫、盟友だった山口...
右翼

加茂田重政の見た田中清玄「仲良うしてもらった。写真もいっぱい残っとる」

暴力団組長だった加茂田重政(一和会)は右翼の田中清玄をどう見たのだろうか。 加茂田重政は田中清玄について著書『烈侠』で言及している。 「田中清玄には仲良うしてもらった。写真もいっぱい残っとる」 加茂田重政は『烈侠』で田中清玄につい...
右翼

田中清玄から見た田岡一雄「一人の侠客で終生の友人だった」

右翼の田中清玄は、三代目山口組組長の田岡一雄をどのように見ていたのか。 田中清玄は『田中清玄自伝』の中で田岡一雄について言及している。 報復しようとする田岡一雄を止める 田中清玄は児玉誉士夫との争いが元で、暴力団・東声会の組員に狙...
作家

田岡由伎の見た田岡一雄「動物的とも思えるほど人の気持ちの分かる人」

田岡一雄の娘でエッセイストの田岡由伎は、田岡一雄についてどう感じていたのか。 それは田岡由伎の著書『お父さんの石けん箱』から窺うことができる。 「動物的とも思えるほど、人の気持ちがわかる人」 短大を出たあと、自分は一体何をしたらえ...
ヤクザ

後藤忠政から見た竹中正久「この人のためならどんなことでも動く」

竹中正久は1984年に、三代目組長だった田岡一雄の死後空位となっていた四代目組長に就任するも、翌年の1985年にそのことへの不満から分裂した組織・一和会のヒットマンによって射殺されている。 その竹中について、山口組の二次団体である後藤...
右翼

田中清玄は橘孝三郎・三上卓・児玉誉士夫・赤尾敏・四元義隆をどう見たか

戦後の大物右翼・田中清玄は他の右翼についてどのように考えていたのだろうか。 ここでは橘孝三郎、三上卓、児玉誉士夫、赤尾敏、四元義隆らをどのように見ていたかを『田中清玄自伝』(ちくま文庫)の記述から取り上げる。 以下、右翼の各人物...
タイトルとURLをコピーしました