芸術

小説家

三島由紀夫が太宰治を嫌いな理由「顔、田舎者のハイカラ趣味、適しない役を演じた」

小説家の三島由紀夫が太宰治を嫌っていたということは有名な話である。 別の記事で、三島由紀夫が太宰に面と向かって「僕は太宰さんの文学は嫌いなんです」と言い放ったエピソードを紹介した。 三島由紀夫の太宰治嫌いエピソード「僕は太宰さんの文...
心理学者

ユングから見たフロイト「性欲は彼にとって一種のヌミノースム」

心理学者のユングは、その師ともされるフロイトをどのように見ていたのか。 それについては『ユング自伝』の記述から窺うことができる。 「性欲は彼にとって一種のヌミノースムである」 カール・グスタフ・ユングは若い頃、ジークムント・フロイ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました