初月無料、電子書籍200万冊以上が読み放題

Amazon Kindle Unlimited の詳細はこちら

保田與重郎

小説家

折口信夫の太宰治の自殺に関する見解「太宰は心中ではなく殺された」

保田與重郎の『作家論集』(保田與重郎文庫)の、三島由紀夫の死について書いた「天の時雨」で、唐突に民俗学者の折口信夫が太宰治の自殺について述べた言葉が出てくる。 読んでいてかなり意外なことを言っており驚いたので、それを書いておくことにす...
小説家

三島由紀夫の見た保田與重郎「持ち上げている作品が世にもつまらないものばかりで呆れた」

小説家の三島由紀夫は批評家の保田與重郎をどう見たのだろうか。 三島は保田與重郎について「私の遍歴時代」で言及している。 三島由紀夫(みしまゆきお) 三島由紀夫は日本の小説家、劇作家、評論家。生年月日は1925年(大正14年)1月1...
批評家

小林秀雄と保田與重郎。保田の訃報を聞き弔問に訪れた小林は…

批評家の小林秀雄は同じ批評家の保田與重郎についてどのように見ていたのか。 それを察することのできる記述が、木田元(きだ・げん)の著書『何もかも小林秀雄に教わった』の中にある。 この記事の主要な登場人物 小林 秀雄(こばやし ひでお...
批評家

保田與重郎から見た小林秀雄「高邁さと志の高さは新時代を画す」

批評家の保田與重郎(やすだ・よじゅうろう)は同じく批評家の小林秀雄をどう見たのだろうか。 ドイツの哲学者であるマルティン・ハイデッガーの研究者として著名な木田元(きだ・げん)は、『何もかも小林秀雄に教わった』という著書の中で、保田與重...
画家

保田與重郎は梅原龍三郎をどう見たか。「この上ない無気力の表明」

批評家の保田與重郎は洋画家の梅原龍三郎をどう見たのだろうか。 保田與重郎は『日本に祈る』で梅原龍三郎に言及している。 人物紹介 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治43年)4月15日 – 1...
批評家

保田與重郎は影山正治をどう見たか。「素戔嗚尊に繋がり得る心の状態にいる人」

文芸評論家・保田與重郎は右翼活動家の影山正治をどう見たのだろうか。 保田與重郎は影山正治に「日本女性語録」で言及している。 人物紹介 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治43年)4月15日 ...
画家

保田與重郎は棟方志功をどう見たか。「ルオーに対抗する東方の天造物」

批評家の保田與重郎は版画家・棟方志功をどう見たのだろうか。 保田與重郎は『日本に祈る』の中で、ピカソ、ルオー、次いで棟方志功に言及している。 人物紹介 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治4...
タイトルとURLをコピーしました