劇作家

詩人

ゲーテ「レッシングは最高の知性をもっていた」「ヘルダーとヴィーラントは高い教養を広めた」

ドイツの詩人ゲーテは劇作家で批評家のレッシングをどう見たのだろうか。 ゲーテはレッシングについて『ゲーテとの対話』の中で語っており、同じ個所で哲学者のヘルダーや作家のヴィーラントについても言及している。 『ゲーテとの対話』はゲーテに...
詩人

カミュから見たシラー「シラーは救い得たすべてを救ったので…」

カミュは『手帖』の中でシラーについて手短にふれている。 「救い得たすべてを救った」 アルベール・カミュの『手帖』はカミュの創作のためのメモのような内容で、記載されている文章のほとんどは、独特の簡潔な短文で構成されている。 その『手...
タイトルとURLをコピーしました