カミュから見たシラー「シラーは救い得たすべてを救ったので…」

この記事は約2分で読めます。

人物紹介

アルベール・カミュ(1913年11月7日 – 1960年1月4日)

フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。

第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目され、戦後はレジスタンスにおける戦闘的なジャーナリストとして活躍した。また『カリギュラ』『誤解』などを上演し、劇作家としても活動した。

戦後に発表した小説『ペスト』はベストセラーとなり、エッセイ『反抗的人間(フランス語版、英語版)』において左翼全体主義を批判し、反響を呼んだ。

小説『転落』発表の翌年、1957年、史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞した。1960年、交通事故により急死し、未完に残された小説『最初の人間』が1994年に刊行された。

引用:Wikipedia

フリードリヒ・フォン・シラー(1759年11月10日 – 1805年5月9日)

ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代表者である(初期の劇作品群はシュトゥルム・ウント・ドラング期に分類される)。独自の哲学と美学に裏打ちされた理想主義、英雄主義、そして自由を求める不屈の精神が、彼の作品の根底に流れるテーマである。

引用:Wikipedia

「救い得たすべてを救った」

アルベール・カミュの『手帖』はカミュの創作のためのメモのような内容で、記載されている文章のほとんどは、独特の簡潔な短文で構成されている。

その『手帖』の中でカミュはシラーについて手短に触れている。

シラーは、《救いえたすべてを救ったので》死ぬ。

引用:カミュ『手帖』(新潮文庫、第二巻、17ページ)

タイトルとURLをコピーしました