ゲーテ「レッシングは最高の知性をもっていた」「ヘルダーとヴィーラントは高い教養を広めた」

この記事は約4分で読めます。

ドイツの詩人ゲーテは劇作家で批評家のレッシングをどう見たのだろうか。

ゲーテはレッシングについて『ゲーテとの対話』の中で語っており、同じ個所で哲学者のヘルダーや作家のヴィーラントについても言及している。

『ゲーテとの対話』はゲーテに親しく接したエッカーマンによる著書。ゲーテを敬愛するエッカーマンがゲーテとかわした会話を詳細に綴っている。岩波文庫から上・中・下の3巻にわたって翻訳出版されている。
スポンサーリンク

「最高の知性をもっていたため同等の者でしか学びえなかった」

『ゲーテとの対話』の中には、ゲーテが自分の著作『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』についてエッカーマンに語る場面の後で次のような記述がある。

次に、最近五十年間にドイツ中の中流階級にひろまった高い教養についての話となり、ゲーテは、その功績はレッシングよりもむしろヘルダーとヴィーラントにあるのだ、といった。

「レッシングは、」と彼はいった、「最高の知性をもっていたから、彼と同じくらい偉い者にしか、彼から本当に学びとることなどできなかった。中途半端な人間にとっては、彼は危険な存在だった。」

ゲーテはあるジャーナリストの名を挙げたが、その男はレッシングにならって修養をつみ、前世紀末にはかなりの役割を演じたが、それも高尚な役割というわけにはいかなかったのは、その偉大な先駆者よりもはるかに劣っていたからだ、とのことだ。

「ヴィーラントの活躍で」とゲーテはいった、「南ドイツ全体が、その文体をもつことができるようになった。彼から多くのものを学びとったという次第だが、正しく自己を表現する能力も、決してつまらないこととはいえないね。」

引用:エッカーマン『ゲーテとの対話』上巻(1968年、岩波書店)179頁

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749年8月28日 – 1832年3月22日)。ドイツの詩人、劇作家、小説家。失恋で自殺する若い男性を描いた小説『若きウェルテルの悩み』は当時若者の自殺を触発するほどに流行した。カール・アウグスト公のもとでヴァイマル公国の政務にも携わり、その政治的な立場は保守的で、フランス革命には批判的だった。シラーとともに革新的な文学運動「シュトゥルム・ウント・ドラング」の先頭に立つ。劇作『ファウスト』、詩『西東詩集』、小説『親和力』、『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』などの優れた作品を生んだ。

ゴットホルト・エフライム・レッシング

ゲーテはレッシングについて「あまりにも高い知性を持っていたので同等の者でしか彼から学ぶことができなかった」「中途半端な者にとってはかえって危険な存在だった」と称している。

ゴットホルト・エフライム・レッシング(Gotthold Ephraim Lessing, 1729年1月22日 – 1781年 2月15日)は、ドイツの詩人、劇作家、思想家、批評家。ドイツ啓蒙思想の代表的な人物であり、フランス古典主義からの解放を目指し、ドイツ文学のその後のあり方を決めた人物である。その活動は、ゲーテシラーカントヤコービハーマンヘルダーメンデルスゾーンなど当時のドイツ文学・思想に多大な影響を及ぼした。西洋近代の転生説を最初に明記した人物と言われており[1]、この転生思想は現代日本への影響も大きい。

引用:Wikipedia

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー

ゲーテはヘルダーについて、ヴィーラントと並んで「ドイツの中流階級に高い教養を広めた」としている。

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー(Johann Gottfried von Herder, 1744年8月25日 – 1803年12月18日)は、ドイツの哲学者・文学者、詩人、神学者。

カントの哲学などに触発され、若きゲーテやシュトゥルム・ウント・ドラング、ドイツ古典主義文学およびドイツロマン主義に多大な影響を残すなどドイツ文学・哲学両面において忘れることの出来ない人物である。優れた言語論や歴史哲学、詩作を残したほか、一世を風靡していたカントの超越論的観念論の哲学と対決し、歴史的・人間発生学的な見地から自身の哲学を展開し、カントの哲学とは違った面で20世紀の哲学に影響を与えた人物としても知られている。

引用:Wikipedia

クリストフ・マルティン・ヴィーラント

ゲーテはヴィーラントについて、ヘルダーと並んで「ドイツの中流階級に高い教養を広めた」、またその活躍で「南ドイツ全体がその文体をもつことができるようになった」としている。

クリストフ・マルティン・ヴィーラント(Christoph Martin Wieland, 1733年9月5日 – 1813年1月20日)は、ドイツの詩人・翻訳家・作家。ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテやフリードリヒ・シラーなどと並びドイツの古典主義時代において重要かつ大きな影響力を持った人物の一人である。

引用:Wikipedia

タイトルとURLをコピーしました