初月無料、電子書籍200万冊以上が読み放題

Amazon Kindle Unlimited の詳細はこちら

小説

小説家

三島由紀夫の見た深沢七郎と野坂昭如「非インテリとインテリの違い」

小説家の三島由紀夫は、深沢七郎と野坂昭如をどう見たのか。 三島は深沢七郎と野坂昭如について対談集『源泉の感情』の武田泰淳との対談で言及している。 (深沢七郎は三島や野坂に比べれば知名度で劣るかもしれないが、「楢山節考」「風流夢譚...
小説家

ヘミングウェイの見たフィッツジェラルドとその妻ゼルダ「何があろうと彼の良き友人であろう」「妻のゼルダは彼の大きなハンデ」

小説家のヘミングウェイは同じく小説家のスコット・フィッツジェラルドをどう見たのだろうか。 ヘミングウェイはフィッツジェラルドについて、自身の短編集『移動祝祭日』で言及している。 これから『移動祝祭日』(新潮文庫)収録の「スコット・フ...
小説家

小林秀雄の見た三島由紀夫「君は才能の魔」「堕ちてもいい、ひるんだらダメですよ」

批評家の小林秀雄は、三島由紀夫の対談集『源泉の感情』(河出文庫)に収録されている対談「美のかたち」で三島由紀夫と対談し、三島について興味深いことを語っている。 この記事の主要な登場人物:小林秀雄と三島由紀夫 小林秀雄(批評家)‥‥‥ W...
哲学者

小林秀雄から見たサルトル「復讐の念みたいな残酷なもの。愛情がない」

批評家の小林秀雄はフランスの哲学者・サルトルをどう見たのか。 小林秀雄は『小林秀雄対話集』(講談社文芸文庫)の大岡昇平との対談の中でサルトルに言及している。 小林秀雄(こばやしひでお) 小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明...
タイトルとURLをコピーしました