竹下登

政治家

後藤忠政から見た小沢一郎「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」

山口組の二次団体組長だった後藤忠政は、自著の『憚りながら』の中で、当時の民主党政権を批判しつつ小沢一郎について触れている。 「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」 その該当の箇所は次のようなものである。 俺は小沢さんという人は、もう...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました