2019-06

思想家

バタイユはヘーゲルをどう見たか。「この表現を知らないことは空しい」

思想家のジョルジュ・バタイユは哲学者ヘーゲルをどのように見ていたのか。 バタイユはヘーゲルについて『純然たる幸福』(ちくま学芸文庫)の「ヘーゲル、人間と歴史」で言及している。 ジョルジュ・バタイユ ジョルジュ・アルベール・モリス・...
批評家

小林秀雄はヘーゲルをどう見たか。「およそ見残しをしない自分の眼力」

批評家の小林秀雄は哲学者のヘーゲルをどう見たのだろうか。 小林はヘーゲルについて、『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)の三木清との対談の中で言及している。 小林秀雄 小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)...
文学者

今日出海は小林秀雄をどう見たか。「何でもないところが敬愛に値する」

小説家で評論家の今日出海(こん・ひでみ)は小林秀雄をどう見たのだろうか。 これは『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)に収録されている、昭和50年(1975年)に行われた小林と今の「毎日新聞」紙上での対談から窺うことができる。...
批評家

小林秀雄は河上徹太郎をどう見たか。「決して武装したことのない君の心」

批評家・小林秀雄は、同じく批評家(評論家)の河上徹太郎をどう見たのだろうか。 小林が河上をどう見ていたかは、小林の『Xへの手紙』からうかがうことができる。 小林秀雄 小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)4月11日...
タイトルとURLをコピーしました