初月無料、電子書籍200万冊以上が読み放題

Amazon Kindle Unlimited の詳細はこちら

カミュ

小説家

落合信彦にとってのカミュ「『シーシュポスの神話』は一番好きな本」

国際ジャーナリストで作家の落合信彦は、著書の『狼たちへの伝言』の中で、意外にもフランスの小説家、アルベール・カミュについてふれている。 この記事の主要な登場人物 落合信彦 落合 信彦(おちあい のぶひこ、1942年1月8日 - )は、...
小説家

サルトルから見たカミュ「陰気くさい自惚れ」「君の天性である虚飾」

サルトルはカミュの著書『反抗的人間』に対するフランシス・ジャンソンの批判的論評が切っ掛けで始まった論争の中で、カミュの人柄について痛烈な皮肉を述べている。 人物紹介 アルベール・カミュ(1913年11月7日 – 1960年1月4日) ...
詩人

カミュから見たシラー「シラーは救い得たすべてを救ったので死ぬ」

カミュは『手帖』の中でシラーについて手短にふれている。 人物紹介 アルベール・カミュ(1913年11月7日 - 1960年1月4日) フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。 第二次世界大戦中に刊行された小...
タイトルとURLをコピーしました