カミュ

小説家

落合信彦にとってのカミュ「『シーシュポスの神話』は一番好きな本」

国際ジャーナリストで作家の落合信彦は、著書の『狼たちへの伝言』の中で、意外にもフランスの小説家、アルベール・カミュについてふれている。 「『シーシュポスの神話』は一番好きな本」 その記述が出てくるのは、落合信彦『狼たちへの伝言 2』の中...
小説家

サルトルから見たカミュ「陰気くさい自惚れ」「君の天性である虚飾」

人物紹介 アルベール・カミュ(1913年11月7日 – 1960年1月4日) フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。 第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目され...
詩人

カミュから見たシラー「シラーは救い得たすべてを救ったので…」

カミュは『手帖』の中でシラーについて手短にふれている。 「救い得たすべてを救った」 アルベール・カミュの『手帖』はカミュの創作のためのメモのような内容で、記載されている文章のほとんどは、独特の簡潔な短文で構成されている。 その『手...
タイトルとURLをコピーしました