自殺

小説家

田中清玄の見た林房雄「義理あるがあれは『大東亜戦争提灯持ち論』」

右翼の田中清玄は、作家の林房雄をどのように見ていたのか。 田中清玄は『田中清玄自伝』の中で、林房雄に言及している。 「義理がある」「あんなもん『大東亜戦争提灯持ち論』だ」 田中清玄は蛇蝎のごとく嫌っていた児玉誉士夫、盟友だった山口...
小説家

折口信夫の太宰治の自殺に関する見解「太宰は心中ではなく殺された」

保田與重郎の『作家論集』(保田與重郎文庫)の、三島由紀夫の死について書いた「天の時雨」で、唐突に民俗学者の折口信夫が太宰治の自殺について述べた言葉が出てくる。 読んでいてかなり意外なことを言っており驚いたので、それを書いておくことにす...
右翼

後藤忠政から見た山口二矢「あんな生き方ができたらと憧れた」

山口二矢(やまぐち おとや)は戦後の右翼活動家としては、三島由紀夫、野村秋介あたりに次いで有名で、活動家の間で崇敬の対象とされる一人となっている。 その山口二矢について、元暴力団組長の後藤忠政は自著の中で言及している。 「あんな生き...
右翼

後藤忠政から見た野村秋介「爽やかな男」「話していて誠を感じる」

山口組系の組長だった後藤忠政は右翼の野村秋介とは生前懇意にしていたという。 その野村について、後藤忠政は自著の中で言及している。 「爽やかな男」「話していて誠を感じる」 山口組の二次団体である後藤組組長だった後藤忠政は、自著の『憚...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました