二郎

江藤淳

小林秀雄と江藤淳から見た三島由紀夫「あれは病気」「吉田松陰も病気か」

人物紹介 小林秀雄 小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)4月11日 – 1983年(昭和58年)3月1日)は、日本の文芸評論家、編集者、作家。(略) 近代日本の文芸評論の確立者であり、晩年は保守文化人の代表者であ...
カミュ

サルトルから見たカミュ「陰気くさい自惚れ」「君の天性である虚飾」

人物紹介 アルベール・カミュ(1913年11月7日 – 1960年1月4日) フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。 第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目され...
後藤忠政

後藤忠政から見た竹中正久「この人のためならどんなことでも動く」

人物紹介 後藤忠政 後藤 忠政(ごとう ただまさ、本名: 後藤 忠正=読み同じ、1942年9月16日 – )は、日本の元暴力団員。20世紀から21世紀の初頭に掛けて活動したヤクザ。 暴力団・川内組若頭補佐兼静岡支部長を経て、暴力団...
後藤忠政

後藤忠政から見た山口二矢「あんな生き方ができたらと憧れた」

人物紹介 後藤忠政(1942年9月16日 – ) 後藤 忠政(ごとう ただまさ、本名: 後藤 忠正=読み同じ、1942年9月16日 – )は、日本の元暴力団員。20世紀から21世紀の初頭に掛けて活動したヤクザ。 暴力団・川内組若頭...
小沢一郎

後藤忠政から見た小沢一郎「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」

人物紹介 後藤忠政 後藤 忠政(ごとう ただまさ、本名: 後藤 忠正=読み同じ、1942年9月16日 – )は、日本の元暴力団員。20世紀から21世紀の初頭に掛けて活動したヤクザ。 暴力団・川内組若頭補佐兼静岡支部長を経て、暴力団...
後藤忠政

後藤忠政から見た野村秋介「爽やかな男」「話していて誠を感じる」

人物紹介 後藤忠政(1942年9月16日 - ) 後藤 忠政(ごとう ただまさ、本名: 後藤 忠正=読み同じ、1942年9月16日 - )は、日本の元暴力団員。20世紀から21世紀の初頭に掛けて活動したヤクザ。 暴力団・川内組若頭...
カミュ

カミュから見たシラー「シラーは救い得たすべてを救ったので…」

人物紹介 アルベール・カミュ(1913年11月7日 - 1960年1月4日) フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。 第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目され...
ヴァレリー

ヴァレリーから見たペタン元帥「何という軍歴でありましょう!」

フランスの詩人・小説家・批評家であるポール・ヴァレリーは、軍人で政治家のフィリップ・ペタンをどう見ていたのだろうか。 ヴァレリーは「フランス学士院におけるペタン元帥の謝辞に対する答辞」や「ペタン元帥頌」でペタン元帥に言及している。 ...
シャンフォール

ニーチェはシャンフォールをどう見たか。「人間通でもあり民衆を知っていた」

哲学者のフリードリヒ・ニーチェは、フランス革命期のモラリストであるシャンフォールをどう見ていたのだろうか。 ニーチェは『悦ばしき知識』でシャンフォールに言及している。 フリードリヒ・ニーチェ フリードリヒ・ニーチェ(1844年10...
ニーチェ

バタイユはニーチェをどう見たか。「自分の中で不幸を自由に語らせなかった」

ジョルジュ・バタイユはフリードリヒ・ニーチェをどう見たのだろうか。 バタイユは『純然たる幸福』(ちくま学芸文庫)でニーチェに言及している。 ジョルジュ・バタイユ ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ(George...
タイトルとURLをコピーしました