梅原龍三郎

保田與重郎は梅原龍三郎をどう見たか。「この上ない無気力の表明」

批評家の保田與重郎は洋画家の梅原龍三郎をどう見たのだろうか。 保田與重郎は『日本に祈る』で梅原龍三郎に言及している。 保田與重郎 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治43年)4月15日 – ...
影山正治

保田與重郎は影山正治をどう見たか。「素戔嗚尊に繋がり得る心の状態にいる人」

文芸評論家・保田與重郎は右翼活動家の影山正治をどう見たのだろうか。 保田與重郎は影山正治に「日本女性語録」で言及している。 保田與重郎 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治43年)4月15日...
棟方志功

保田與重郎は棟方志功をどう見たか。「ルオーに対抗する東方の天造物」

批評家の保田與重郎は版画家・棟方志功をどう見たのだろうか。 保田與重郎は『日本に祈る』の中で、ピカソ、ルオー、次いで棟方志功に言及している。 保田與重郎 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治...
バタイユ

バタイユはヘーゲルをどう見たか。「この表現を知らないことは空しい」

思想家のジョルジュ・バタイユは哲学者ヘーゲルをどのように見ていたのか。 バタイユはヘーゲルについて『純然たる幸福』(ちくま学芸文庫)の「ヘーゲル、人間と歴史」で言及している。 ジョルジュ・バタイユ ジョルジュ・アルベール・モリス・...
小林秀雄

小林秀雄はヘーゲルをどう見たか。「およそ見残しをしない自分の眼力」

批評家の小林秀雄は哲学者のヘーゲルをどう見たのだろうか。 小林はヘーゲルについて、『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)の三木清との対談の中で言及している。 小林秀雄 小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)...
小林秀雄

今日出海は小林秀雄をどう見たか。「何でもないところが敬愛に値する」

小説家で評論家の今日出海(こん・ひでみ)は小林秀雄をどう見たのだろうか。 これは『直観を磨くもの 小林秀雄対話集』(新潮文庫)に収録されている、昭和50年(1975年)に行われた小林と今の「毎日新聞」紙上での対談から窺うことができる。...
河上徹太郎

小林秀雄は河上徹太郎をどう見たか。「決して武装したことのない君の心」

批評家・小林秀雄は、同じく批評家(評論家)の河上徹太郎をどう見たのだろうか。 小林が河上をどう見ていたかは、小林の『Xへの手紙』からうかがうことができる。 小林秀雄 小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)4月11日...
ゲーテ

ヒトラーはゲーテをどう見たか。「ゲーテは反動でもなければ奴隷でもない」

「偉人は偉人をどう見たか」という名のサイトでヒトラーを扱うことには異論もあるだろうが、このサイトは善悪無記すべての著名人を含めて幅広く扱う。 だからヒトラーは「偉人」というより「著名人」枠で参戦したと考えてほしい。 さて、ドイツ...
クロード・ロラン

ニーチェはクロード・ロランをどう見たか。「この英雄的・牧歌的なもの」

哲学者のフリードリヒ・ニーチェは、風景画家のクロード・ロランについてどのように考えていたのだろうか。 フリードリヒ・ニーチェのクロード・ロランへの言及は、ニーチェの遺稿集『生成の無垢』の中に見ることができる。 フリードリヒ・ニーチェ...
大石内蔵助

山本常朝は忠臣蔵事件(大石内蔵助)をどう見たか「吉良殿病死の時は残念千万なり」

「武士道といふは死ぬ事と見つけたり」という言葉で有名な『葉隠』の口述者・山本常朝(やまもと・じょうちょう)は、『忠臣蔵』の原案となった赤穂(あこう)事件で知られる大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)についてどのように見ていたのだろうか。 ...
タイトルとURLをコピーしました