ヤクザ

後藤忠政から見た中山勝正「偉そうなところがなくて実に爽やかな人」

元ヤクザの後藤忠政は、四代目山口組若頭だった中山勝正についてどう見ていたのか。 後藤忠政は中山勝正について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「偉そうなところが全然なくて、実に爽やかな人」 後藤忠政は中山勝正についてこのよう...
ヤクザ

後藤忠政から見た山本健一「懐の深い大物だなと改めて尊敬した」

元ヤクザの後藤忠政は、三代目山口組若頭で山健組組長だった山本健一についてどう見ていたのか。後藤忠政は山本健一について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「懐の深い大物だなって改めて尊敬させられた」 後藤忠政は兄貴分だった伊堂敏雄に...
政治家

後藤忠政から見た安倍晋三「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は、政治家の安倍晋三についてどう見ていたのか。 後藤忠政は政治家・安倍晋三について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」 後藤忠政は小泉純一郎...
政治家

後藤忠政から見た小泉純一郎「国民の痛みなんか分かるわけないわな」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は政治家の小泉純一郎についてどう見ていたのか。 後藤忠政は小泉純一郎について自著『憚りながら』(宝島社)の中で、小泉進次郎や竹中平蔵らとともに言及している。 「国民の痛みなんか分かるわけないわな」...
政治家

後藤忠政から見た森喜朗「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」

元後藤組組長の後藤忠政は、自民党の政治家である森喜朗についてどう見ていたのか。 後藤忠政は森喜朗について、自著『憚りながら』の中で手短に言及している。 「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」 後藤忠政は自著『憚りながら』の中で、自...
実業家

後藤忠政から見た堀江貴文「チンピラにもなれん小チンピラ」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は、元ライブドア社長の「ホリエモン」こと堀江貴文をどう見ていたのか。 後藤忠政は堀江貴文について、村上ファンド創設者の村上世彰や政治家の小泉純一郎とともに、自著『憚りながら』の中で言及している。 ...
哲学者

ニーチェの見たプルタルコス「プルタルコスすらもはや読まれていないのだ!」

哲学者のフリードリヒ・ニーチェは、ギリシャの著述家プルタルコスについてどのように考えていたのだろうか。 フリードリヒ・ニーチェのプルタルコスへの言及は、ニーチェの遺稿集『生成の無垢』の中に見ることができる。 「プルタルコスすらもはや...
詩人

ゲーテ「レッシングは最高の知性をもっていた」「ヘルダーとヴィーラントは高い教養を広めた」

ドイツの詩人ゲーテは劇作家で批評家のレッシングをどう見たのだろうか。 ゲーテはレッシングについて『ゲーテとの対話』の中で語っており、同じ個所で哲学者のヘルダーや作家のヴィーラントについても言及している。 『ゲーテとの対話』はゲーテに...
詩人

ゲーテの見たナポレオン「いつも開悟して明晰で決断力があった」

ドイツの詩人ゲーテは、軍人からフランスの皇帝になったナポレオンをどう見たのだろうか。 ゲーテはナポレオンについて『ゲーテとの対話』の中で言及している。 『ゲーテとの対話』はゲーテに親しく接したエッカーマンによる著書。ゲーテを敬愛する...
詩人

ゲーテの見たクロード・ロラン「完全な人」「美しい思想と美しい感情を抱いている」

ドイツの詩人ゲーテは画家のクロード・ロランをどう見たのだろうか。 ゲーテはクロード・ロランについて『ゲーテとの対話』の中で言及している。 『ゲーテとの対話』はゲーテに親しく接したエッカーマンによる著書。ゲーテを敬愛するエッカーマンが...
タイトルとURLをコピーしました