ヤクザ

加茂田重政から見た山本広「手榴弾で説得された」「ボンクラやない」

暴力団組長だった加茂田重政(一和会)は一和会会長の山本広をどう見たのだろうか。 加茂田重政は山本広について著書『烈侠』で言及している。 「手榴弾で説得された」 加茂田重政は著書『烈侠』で、山本広に手榴弾を懐に一和会入りを説得された...
右翼

田中清玄から見た田岡一雄「一人の侠客で終生の友人だった」

右翼の田中清玄は、三代目山口組組長の田岡一雄をどのように見ていたのか。 田中清玄は『田中清玄自伝』の中で田岡一雄について言及している。 報復しようとする田岡一雄を止める 田中清玄は児玉誉士夫との争いが元で、暴力団・東声会の組員に狙...
小説家

ヘミングウェイの見たフィッツジェラルドとその妻ゼルダ「何があろうと彼の良き友人であろう」「妻のゼルダは彼の大きなハンデ」

小説家のヘミングウェイは同じく小説家のスコット・フィッツジェラルドをどう見たのだろうか。 ヘミングウェイはフィッツジェラルドについて、自身の短編集『移動祝祭日』で言及している。 これから『移動祝祭日』(新潮文庫)収録の「スコット・フ...
スポンサーリンク
小説家

ヘミングウェイの見たガートルード・スタイン「安直なレッテル貼りなどクソくらえ」

小説家のヘミングウェイは美術収集家のガートルード・スタインをどう見たのだろうか。 ヘミングウェイはガートルード・スタインについて、自身の短編小説集『移動祝祭日』で言及している。 これから『移動祝祭日』(新潮文庫)収録の短編小説「ユヌ...
小説家

小林秀雄の見た三島由紀夫「君は才能の魔」「堕ちてもいい、ひるんだらダメですよ」

批評家の小林秀雄は、三島由紀夫の対談集『源泉の感情』(河出文庫)に収録されている対談「美のかたち」で三島由紀夫と対談し、三島について興味深いことを語っている。 「君の才能は怖るべきものだ」 小林秀雄は当時話題になっていた三島の『金閣寺』...
小説家

折口信夫の太宰治の自殺に関する見解「太宰は心中ではなく殺された」

保田與重郎の『作家論集』(保田與重郎文庫)の、三島由紀夫の死について書いた「天の時雨」で、唐突に民俗学者の折口信夫が太宰治の自殺について述べた言葉が出てくる。 読んでいてかなり意外なことを言っており驚いたので、それを書いておくことにす...
小説家

三島由紀夫が太宰治を嫌いな理由「顔、田舎者のハイカラ趣味、適しない役を演じた」

小説家の三島由紀夫が太宰治を嫌っていたということは有名な話である。 別の記事で、三島由紀夫が太宰に面と向かって「僕は太宰さんの文学は嫌いなんです」と言い放ったエピソードを紹介した。 三島由紀夫の太宰治嫌いエピソード「僕は太宰さんの文...
小説家

三島由紀夫の太宰治嫌いエピソード「僕は太宰さんの文学が嫌いです」

小説家の三島由紀夫が太宰治を大嫌いだったという話はよく知られている。 三島由紀夫が太宰に面と向かって「僕は太宰さんの文学は嫌いなんです」と言い放ったエピソードはあまりに有名である。 これは昭和21年12月のこと、三島が21歳、太...
小説家

三島由紀夫の見た保田與重郎「持ち上げている作品が世にもつまらないものばかりで呆れた」

小説家の三島由紀夫は批評家の保田與重郎をどう見たのだろうか。 三島は保田與重郎について「私の遍歴時代」で言及している。 「持ち上げている作品がつまらないものばかりで呆れた」 三島は「私の遍歴時代」の中で、自作「花ざかりの森」を発表...
小説家

三島由紀夫は昭和天皇をどう見たか「卒業式でとてもご立派だった」

小説家の三島由紀夫は昭和天皇をどう見たのだろうか。三島は昭和天皇について、東大全共闘との討論をまとめた『美と共同体と東大闘争』(角川文庫)で言及している。 「卒業式でとてもご立派だった」 三島は天皇主義者であるから普遍的な論としての「天...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました