実業家

田中清玄の見た土光敏夫「真夏なのに扇風機もクーラーもなく団扇だけ」

右翼の田中清玄は、東芝社長で経団連の会長も務めた大物財界人、土光敏夫をどのように見ていたのか。 『田中清玄自伝』で田中清玄は、土光敏夫の暮らしぶりの極端な質素さに思わず驚かされたというエピソードを披露している。 「真夏なのに扇風機も...
小説家

落合信彦にとってのカミュ「『シーシュポスの神話』は一番好きな本」

国際ジャーナリストで作家の落合信彦は、著書の『狼たちへの伝言』の中で、意外にもフランスの小説家、アルベール・カミュについてふれている。 「『シーシュポスの神話』は一番好きな本」 その記述が出てくるのは、落合信彦『狼たちへの伝言 2』の中...
軍人

田中清玄から見た瀬島龍三と尾崎秀実「中曽根は付き合う人間を考えろ」

右翼の田中清玄は元軍人の瀬島龍三をどう見たのか。 田中は『田中清玄自伝』の中で瀬島龍三に言及し、加えてゾルゲ事件で有名な尾崎秀実(おざきほつみ)についても言葉少なに触れている。 「中曽根は付き合う人間を考えろ」 田中は『田中清玄自...
作家

田岡由伎の見た田岡一雄「動物的とも思えるほど人の気持ちの分かる人」

田岡一雄の娘でエッセイストの田岡由伎は、田岡一雄についてどう感じていたのか。 それは田岡由伎の著書『お父さんの石けん箱』から窺うことができる。 「動物的とも思えるほど、人の気持ちがわかる人」 短大を出たあと、自分は一体何をしたらえ...
政治家

猪木寛至の見たゴルバチョフとヤナーエフ「ソ連にはお喋りは似合わない」

プロレスラーで国会議員としても活躍した猪木寛至(アントニオ猪木)は、ロシアの政治家であるミハイル・ゴルバチョフ、またソ連邦時代にクーデター事件の首謀者の一人となったゲンナジー・ヤナーエフについてどのように見たのか。 猪木のゴルバチョフ...
作家

佐藤優の見た森喜朗「森氏は本心から思っている。私は胸が熱くなった」

元外務官僚で作家の佐藤優は、政治家で総理大臣も務めた森喜朗についてどのように感じていたのか、佐藤優の著書『インテリジェンス人間論』から窺うことができる。 「森氏は本心から思っている。私は胸が熱くなった」 森喜朗が総理大臣だった当時、加藤...
作家

佐藤優から見た小渕恵三「小渕総理の情報感覚は実に優れていた」

元外務官僚で作家の佐藤優は、政治家で総理大臣も務めた小渕恵三についてどのように見ていたのか、佐藤優の著書『インテリジェンス人間論』から窺うことができる。 「小渕総理の情報感覚は実に優れていた」 1998年当時、対露外交をめぐる情報につい...
批評家

小林秀雄と保田與重郎。保田の訃報を聞き弔問に訪れた小林は…

批評家の小林秀雄は同じ批評家の保田與重郎についてどのように見ていたのか。 それを察することのできる記述が、木田元(きだ・げん)の著書『何もかも小林秀雄に教わった』の中にある。 保田與重郎の訃報を聞き小林秀雄は弔問に訪れた 木田はそ...
批評家

保田與重郎から見た小林秀雄「高邁さと志の高さは新時代を画す」

批評家の保田與重郎(やすだ・よじゅうろう)は同じく批評家の小林秀雄をどう見たのだろうか。 ドイツの哲学者であるマルティン・ハイデッガーの研究者として著名な木田元(きだ・げん)は、『何もかも小林秀雄に教わった』という著書の中で、保田與重...
心理学者

ユングから見たフロイト「性欲は彼にとって一種のヌミノースム」

心理学者のユングは、その師ともされるフロイトをどのように見ていたのか。 それについては『ユング自伝』の記述から窺うことができる。 「性欲は彼にとって一種のヌミノースムである」 カール・グスタフ・ユングは若い頃、ジークムント・フロイ...
タイトルとURLをコピーしました