小説家

三島由紀夫は吉本隆明をどう見たか「これを彼が言うところが面白い」

小説家の三島由紀夫は評論家・思想家の吉本隆明をどう見たのだろうか。 三島は吉本隆明について『対談集 源泉の感情』で言及している。 「考え方はわりに好き」「これを彼が言うところが面白い」 三島は安部公房との対談で吉本隆明について好意...
小説家

三島由紀夫から見たノーマン・メイラー「自分のことばかり話す男は嫌いだ」

小説家の三島由紀夫はアメリカの小説家、ノーマン・メイラーをどう見たのだろうか。 三島はノーマン・メイラーについて『対談集 源泉の感情』で言及している。 「こんなに自分のことばかり話す男は俺は嫌いだ」 三島は安部公房との対談でノーマ...
小説家

三島由紀夫は谷崎潤一郎をどう見たか「日本語を代表した偉大な作家」

小説家の三島由紀夫は小説家の谷崎潤一郎をどう見たのだろうか。三島は谷崎潤一郎について『対談集・源泉の感情』(河出文庫)の舟橋聖一との対談で言及している。 「谷崎ほどの大作家が死んだのだから国家が弔旗をかかげてもいい」 三島由紀夫は対談の...
画家

梅原龍三郎から見たピカソ「腕力が凄い」「一代の化け物だが悪趣味」

画家の梅原龍三郎は同じく画家のパブロ・ピカソをどう見ていたのか。 梅原はピカソについて、『小林秀雄対話集・直観を磨くもの』(新潮文庫)で、批評家・小林秀雄との対談の中で言及している。 梅原「ピカソの腕力はもの凄い」「一代の化け物」「...
哲学者

小林秀雄から見たサルトル「復讐の念みたいな残酷なもの。愛情がない」

批評家の小林秀雄はフランスの哲学者・サルトルをどう見たのか。 小林秀雄は『小林秀雄対話集』(講談社文芸文庫)の大岡昇平との対談の中でサルトルに言及している。 「復讐の念みたいな、残酷なものがある。愛情がないのです」 小林は大岡昇平...
ヤクザ

後藤忠政から見た中山勝正「偉そうなところがなくて実に爽やかな人」

元ヤクザの後藤忠政は、四代目山口組若頭だった中山勝正についてどう見ていたのか。 後藤忠政は中山勝正について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「偉そうなところが全然なくて、実に爽やかな人」 後藤忠政は中山勝正についてこのよう...
ヤクザ

後藤忠政から見た山本健一「懐の深い大物だなと改めて尊敬した」

元ヤクザの後藤忠政は、三代目山口組若頭で山健組組長だった山本健一についてどう見ていたのか。後藤忠政は山本健一について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「懐の深い大物だなって改めて尊敬させられた」 後藤忠政は兄貴分だった伊堂敏雄に...
政治家

後藤忠政から見た安倍晋三「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は、政治家の安倍晋三についてどう見ていたのか。 後藤忠政は政治家・安倍晋三について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」 後藤忠政は小泉純一郎...
政治家

後藤忠政から見た小泉純一郎「国民の痛みなんか分かるわけないわな」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は政治家の小泉純一郎についてどう見ていたのか。 後藤忠政は小泉純一郎について自著『憚りながら』(宝島社)の中で、小泉進次郎や竹中平蔵らとともに言及している。 「国民の痛みなんか分かるわけないわな」...
政治家

後藤忠政から見た森喜朗「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」

元後藤組組長の後藤忠政は、自民党の政治家である森喜朗についてどう見ていたのか。 後藤忠政は森喜朗について、自著『憚りながら』の中で手短に言及している。 「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」 後藤忠政は自著『憚りながら』の中で、自...
タイトルとURLをコピーしました