田中清玄から見た瀬島龍三と尾崎秀実「中曽根は付き合う人間を考えろ」

この記事は約3分で読めます。

右翼の田中清玄は元軍人の瀬島龍三をどう見たのか。

田中は『田中清玄自伝』の中で瀬島龍三に言及し、加えてゾルゲ事件で有名な尾崎秀実(おざきほつみ)についても言葉少なに触れている。

「中曽根は付き合う人間を考えろ」

田中は『田中清玄自伝』の中で、総理大臣を務めた中曽根康弘に鄧小平の後継者である胡耀邦と親交を結びべきと助言していたが、残念ながら胡耀邦は亡くなってしまったと述べた後、このように続ける。

もう一つ彼に言っているのは、付き合う人間を考えろということです。彼の周りにはいろんな人間がいましたからねえ。

例えば瀬島龍三がそうだ。第二臨調の時に彼は瀬島を使い、瀬島は土光さんにも近づいて大きな顔をしていた。伊藤忠の越後(正一元会長)などは瀬島を神様のように持ち上げたりしていたが、とんでもないことだ。

かつて先帝陛下は瀬島龍三について、こうおっしゃったことがあったそうです。これは入江さんから僕が直接聞いた話です。

「先の大戦において私の命令だというので、戦線の第一線に立って戦った将兵達を咎めるわけにはいかない。しかし許しがたいのは、この戦争を計画し、開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、なおかつ敗戦の後も引き続き日本の国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし戦争責任の回避を行っている者である。瀬島のような者がそれだ」

陛下は瀬島の名前をお挙げになって、そう言い切っておられたそうだ。中曾根君には、なんでそんな瀬島のような男を重用するんだって、注意したことがある。私のみるところ瀬島とゾルゲ事件の尾崎秀実は感じが同じだね。

引用:『田中清玄自伝』(ちくま文庫、2008年)309頁

ゾルゲ事件で刑死した尾崎秀実(おざきほつみ)については言葉少なに「瀬島と感じが同じ」と言っているが、清玄が瀬島を信用していない以上、尾崎のことも否定的な意味で「感じが同じ」と言っているのだろう。

田中清玄は具体的にその「感じ」が何かは明らかにしていないが、戦争責任から逃げた瀬島とソ連のスパイだった尾崎が「同じ」というのだから、おそらくその人間性の中に何かしら不誠実なものを感じるということだろうか。

田中清玄

田中清玄(1906年3月5日 – 1993年12月10日)は戦後の大物右翼、天皇主義者。戦前には「武装共産党」時代の共産党幹部として数多くの事件に関与し、治安維持法違反で11年を獄中で過ごす。清玄の母は息子を諫めるために自裁、清玄は煩悶の末に転向する。出所後は禅の修行を経て土建業を起こし、終戦時には昭和天皇に退位しないことや巡幸などを献策。政治面では特に資源外交に尽力した。ハプスブルク家のオットー大公、経済学者のハイエク、山口組組長の田岡一雄などの幅広い人脈で知られる。次男は2018年11月から早稲田大学総長となった田中愛治。祖先に会津藩家老の田中土佐がいる。

瀬島龍三

瀬島 龍三(せじま りゅうぞう、1911年12月9日 – 2007年9月4日)は、日本の陸軍軍人、実業家。陸士44期次席・陸大51期首席。 太平洋戦争(大東亜戦争)のほとんどの期間、参謀本部部員(作戦課)を務めた。最終階級は陸軍中佐。

戦後は伊藤忠商事会長、中曽根康弘元首相の顧問など多くの要職に就任し、政治経済界に大きな影響力を持ち、「昭和の参謀」と呼ばれた[1]。

引用:Wikipedia

尾崎秀実

尾崎 秀実(おざき ほつみ、1901年(明治34年)4月29日 – 1944年(昭和19年)11月7日)は日本の評論家・ジャーナリスト・共産主義者、ソビエト連邦のスパイ。朝日新聞社記者、内閣嘱託、満鉄調査部嘱託職員を務める。

近衛文麿政権のブレーンとして、政界・言論界に重要な地位を占め、軍部とも独自の関係を持ち、日中戦争(支那事変)から太平洋戦争(大東亜戦争)開戦直前まで政治の最上層部・中枢と接触し国政に影響を与えた。

引用:Wikipedia

タイトルとURLをコピーしました