田中清玄は三島由紀夫をどう見たか。「剣も礼儀も知らん男」

政治活動家
この記事は約4分で読めます。

戦後右翼の大物・田中清玄は小説家の三島由紀夫をどのように見ていたのだろうか。

田中清玄の三島由紀夫観は『田中清玄自伝』から窺うことができる。

田中清玄(1906年3月5日 – 1993年12月10日)は戦後の大物右翼、天皇主義者。戦前には「武装共産党」時代の共産党幹部として数多くの事件に関与し、治安維持法違反で11年を獄中で過ごす。清玄の母は息子を諫めるために自裁、清玄は煩悶の末に転向する。出所後は禅の修行を経て土建業を起こし、終戦時には昭和天皇に退位しないことや巡幸などを献策。政治面では特に資源外交に尽力した。ハプスブルク家のオットー大公、経済学者のハイエク、山口組組長の田岡一雄などの幅広い人脈で知られる。次男は2018年11月から早稲田大学総長となった田中愛治。祖先に会津藩家老の田中土佐がいる。
三島由紀夫は日本の小説家、劇作家、評論家。生年月日は1925年(大正14年)1月14日。小説『仮面の告白』で高く評価され、その後も『潮騒』『金閣寺』といった優れた作品を生み出し続け、ノーベル賞候補になるほどの目覚ましい活躍を見せた。昭和30年ごろから肉体の鍛錬に目覚めると民族主義的思想を表明し、民兵組織「楯の会」を結成。小説『豊穣の海』の第4部を書き終えた直後、1970年(昭和45年)11月25日に市ヶ谷の駐屯地に乱入、自衛隊への決起の呼び掛けるも不発に終わると割腹自殺した。

自衛隊関係者を紹介

『田中清玄自伝』において田中が三島由紀夫について述べているのは、当時、平成4年10月の天皇の訪中を控えた時期に、自衛隊幹部がクーデターの可能性について語った記事が週刊誌に掲載されたことについて言及する箇所である。

この記事を読んで、僕は三島由紀夫が昔、「自衛隊へ入りたいので紹介してくれ」といってきたことがあったのを思い出した。

――そんな事があったのですか。

 うん。自衛隊への乱入事件を起こす二、三年前のことだ。評論家の村松剛が最初、引っ張ってきたんだ。僕が石油の問題でアラブとの間を行ったり来たりしていた頃で、忙しい最中だった。

初めは「剣を習いたいが、だれに教わったらいいか」と聞いてきた。それで「山岡鉄舟さんや千葉周作につながる一刀流がいいだろう」と答えてやった。

そのつぎに三島が言ってきたのは、「自衛隊に入りたいので骨を折ってくれ」ということだった。「何でだ」と聞くと、自衛隊はクーデターを起こすべきだという、今回の週刊誌に載ったようなことを、とうとうと言うんだよ。日本の解体につながる危険な思想だった。

 それで僕は、自衛隊に反乱を起こすような人間を紹介するわけにはいかんと断った。そうしたら、今度は、
「いや、あれは自分の理想であって、実行するわけじゃない。自衛隊に入ってどんな訓練をしているのか、身につけたいのだ。できるだけ危険な所がいい。空挺部隊に入りたい」と言ってきた。

 それで僕は陸上幕僚長をやり定年退職していた杉田一次さんに「三島は憲法を誤解しているし、自衛隊についても誤解しているが、よく話を聞いてやってほしい。危険な所へやって三島に命を落とさせるわけにはいかないが……」と言って、紹介してやった。

杉田さんは戦前、山下奉文がシンガポールで英将パーシバルに「イエスかノーか」と迫ったときの参謀をつとめた軍人で、反東條で有名だった。あとで杉田さんは「三島の熱情は買うけど、考え方は二・二六の連中と同じだな」と言ったね。

引用:『田中清玄自伝』(ちくま文庫)

ここでは田中が三島を自衛隊関係者に紹介したことが語られている。

最初は三島の友人だった村松剛が引き合わせたという。剣を習いたいという三島に一刀流を勧め、また自衛隊に体験入隊をしたいと言うので、既に退官していた杉田一次を紹介したらしい。

「剣も礼儀も知らん男」

続けてインタビュアー・大須賀瑞夫の「三島由紀夫という人物をどう評価されますか」という率直な質問を受けて田中清玄はこう答えている。

 剣も礼儀も知らん男だと思ったな。自衛隊に入りたいというので、世田谷松原にあった僕の家に、毎日のように来ていたんだが、二回目だったか、稽古の帰りですので、服装は整えていませんが」とか言って、紺色の袴に稽古着を着け、太刀と竹刀を持って寄ったことがある。不愉快な感じがした。これは切り込みか果たし合いの姿ですからね。人の家を訪ねる姿ではありませんよ。

――つきあいはそれっきりですか。

 その後、彼は「盾の会」というのを作って、青年たちを集めていろいろやり出した。僕も軽井沢に講師として引っ張り出された。

 暴動が起こったら、自衛隊を中心にして立ち上がらなければならない。そのために俺を説得すると言うんだよ。毎日毎晩、彼等と激論だった。

「何を言うか。ソ連やアメリカが日本をつぶしにかかったら、貴様ら朝飯前にひねりつぶされてしまうぞ。立ち上がって、君らそれに対抗できるか」

 こう言ってこっちは一歩も引かなかった。

引用:『田中清玄自伝』(ちくま文庫)

ここから話がアラブやテロリズムの話に逸れ、三島の最後の事件に関する批評などは言わなかったようだが、しかし最初の「剣も礼儀も知らん男だと思った」という言葉が、田中の三島由紀夫観の根幹を伝えている。

民族派・民族主義者界隈では「国士」と仰がれる三島だが、田中清玄はその程度の評価しなかったようだ。

タイトルとURLをコピーしました