画家

ニーチェはクロード・ロランをどう見たか。「この英雄的・牧歌的なもの」

哲学者のフリードリヒ・ニーチェは、風景画家のクロード・ロランについてどのように考えていたのだろうか。 フリードリヒ・ニーチェのクロード・ロランへの言及は、ニーチェの遺稿集『生成の無垢』の中に見ることができる。 フリードリヒ・ニーチェ...
武士

山本常朝は忠臣蔵事件(大石内蔵助)をどう見たか「吉良殿病死の時は残念千万なり」

「武士道といふは死ぬ事と見つけたり」という言葉で有名な『葉隠』の口述者・山本常朝(やまもと・じょうちょう)は、『忠臣蔵』の原案となった赤穂(あこう)事件で知られる大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)についてどのように見ていたのだろうか。 ...
小説家

田中清玄は三島由紀夫をどう見たか。「剣も礼儀も知らん男」

戦後右翼の大物・田中清玄は小説家の三島由紀夫をどのように見ていたのだろうか。 田中清玄の三島由紀夫観は『田中清玄自伝』から窺うことができる。 田中清玄(1906年3月5日 – 1993年12月10日)は戦後の大物右翼、天皇主義者。戦...
右翼

田中清玄は他の右翼をどう見たか。「尊敬してるのは橘孝三郎と三上卓だけ」

戦後の大物右翼・田中清玄は他の右翼についてどのように考えていたのだろうか。 ここでは橘孝三郎、三上卓、児玉誉士夫、赤尾敏、四元義隆らをどのように見ていたかを『田中清玄自伝』(ちくま文庫)の記述から取り上げる。 なお田中が新右翼の...
右翼

田中清玄は野村秋介をどう見たか。「約束を反故に。顔も見たくねえ」

戦後の大物右翼・田中清玄(たなか せいげん)は、新右翼の旗手・野村秋介(のむら しゅうすけ)をどう見ていたのだろうか。 田中清玄の野村秋介観は、『田中清玄自伝』から窺うことができる。 田中清玄(1906年3月5日 - 1993年12...
小説家

三島由紀夫はサルトルをどう見たか。「ダンディズムの欠如」

小説家の三島由紀夫は哲学者のジャン=ポール・サルトルをどのように見ていたのだろうか。 三島のサルトル観は東大全共闘との討論記録『美と共同体と東大闘争』(角川文庫)や三島の対談集『源泉の感情』などから窺うことができる。 人物紹介 三...
哲学者

モンテーニュはエパメイノンダスをどう見たか。「もっとも傑出した男たち」

哲学者のモンテーニュは、古代ギリシャ・テーバイの政治家・軍人であるエパメイノンダスをどのように見ていたのか。 モンテーニュのエパメイノンダス観は、モンテーニュの主著『エセー』の中で窺うかがうことができる。 ミシェル・ド・モンテーニュ...
哲学者

パスカルはモンテーニュをどう見たか。「自己を描こうとした愚かな企て」

「人間は考える葦である」という言葉で有名な哲学者のパスカルは、哲学者ミシェル・ド・モンテーニュについてどのように考えたのか。 パスカルのモンテーニュ観は『パンセ』の記述から窺うかがうことができる。 ブレーズ・パスカル(1623年6月...
哲学者

オルテガは「樽のディオゲネス」をどう見たか。「犬儒派は文明のボイコット」

スペインの哲学者オルテガ・イ・ガセットは、古代ギリシャの哲学者・犬儒派のディオゲネスをどう見たのだろうか。 オルテガのディオゲネス観はオルテガの代表的著書『大衆の反逆』の記述から窺うかがうことができる。 人物 オルテガ・イ・ガセッ...
哲学者

ユングはニーチェをどう見たか。「最大の慎重さで遇せられる狂人」

心理学者のグスタフ・ユングは哲学者フリードリヒ・ニーチェをどのように見ていたのだろうか。 ユングのニーチェ観は『ユング自伝――思い出・夢・思想』の記述から窺うかがうことができる。 カール・グスタフ・ユング...
タイトルとURLをコピーしました