ニーチェ

哲学者

ニーチェの見たプルタルコス「プルタルコスすらもはや読まれていないのだ!」

哲学者のフリードリヒ・ニーチェは、ギリシャの著述家プルタルコスについてどのように考えていたのだろうか。 フリードリヒ・ニーチェのプルタルコスへの言及は、ニーチェの遺稿集『生成の無垢』の中に見ることができる。 「プルタルコスすらもはや...
哲学者

ニーチェはシャンフォールをどう見たか。「人間通でもあり民衆を知っていた」

哲学者のフリードリヒ・ニーチェは、フランス革命期のモラリストであるシャンフォールをどう見ていたのだろうか。 ニーチェは『悦ばしき知識』でシャンフォールに言及している。 フリードリヒ・ニーチェ フリードリヒ・ニーチェ(1844年10...
哲学者

バタイユはニーチェをどう見たか。「自分の中で不幸を自由に語らせなかった」

ジョルジュ・バタイユはフリードリヒ・ニーチェをどう見たのだろうか。 バタイユは『純然たる幸福』(ちくま学芸文庫)でニーチェに言及している。 ジョルジュ・バタイユ ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ(George...
画家

ニーチェはクロード・ロランをどう見たか。「この英雄的・牧歌的なもの」

哲学者のフリードリヒ・ニーチェは、風景画家のクロード・ロランについてどのように考えていたのだろうか。 フリードリヒ・ニーチェのクロード・ロランへの言及は、ニーチェの遺稿集『生成の無垢』の中に見ることができる。 フリードリヒ・ニーチェ...
哲学者

パスカルはモンテーニュをどう見たか。「自己を描こうとした愚かな企て」

「人間は考える葦である」という言葉で有名な哲学者のパスカルは、哲学者ミシェル・ド・モンテーニュについてどのように考えたのか。 パスカルのモンテーニュ観は『パンセ』の記述から窺うかがうことができる。 ブレーズ・パスカル(1623年6月...
哲学者

ユングはニーチェをどう見たか。「最大の慎重さで遇せられる狂人」

心理学者のグスタフ・ユングは哲学者フリードリヒ・ニーチェをどのように見ていたのだろうか。 ユングのニーチェ観は『ユング自伝――思い出・夢・思想』の記述から窺うかがうことができる。 カール・グスタフ・ユング...
哲学者

ニーチェはソクラテスをどう見たか。「兵士のように生きたペシミスト」

フリードリヒ・ニーチェはソクラテスについてどう見たのだろうか。 ニーチェのソクラテス観は、ニーチェの著書『悦ばしき知識』の中でうかがうことができる。 フリードリヒ・ニーチェ(1844年10月15日 - 1...
タイトルとURLをコピーしました