初月無料、電子書籍200万冊以上が読み放題

Amazon Kindle Unlimited の詳細はこちら

芸術家カテゴリー

小説家

三島由紀夫の太宰治嫌いエピソード「僕は太宰さんの文学が嫌いです」

小説家の三島由紀夫が太宰治を大嫌いだったという話はよく知られている。 三島由紀夫が太宰に面と向かって「僕は太宰さんの文学は嫌いなんです」と言い放ったエピソードはあまりに有名である。 これは昭和21年12月のこと、三島が21歳、太...
小説家

三島由紀夫の見た保田與重郎「持ち上げている作品が世にもつまらないものばかりで呆れた」

小説家の三島由紀夫は批評家の保田與重郎をどう見たのだろうか。 三島は保田與重郎について「私の遍歴時代」で言及している。 三島由紀夫(みしまゆきお) 三島由紀夫は日本の小説家、劇作家、評論家。生年月日は1925年(大正14年)1月1...
小説家

三島由紀夫は昭和天皇をどう見たか「卒業式でとてもご立派だった」

小説家の三島由紀夫は昭和天皇をどう見たのだろうか。三島は昭和天皇について、東大全共闘との討論をまとめた『美と共同体と東大闘争』(角川文庫)で言及している。 三島由紀夫(みしまゆきお) 三島由紀夫は日本の小説家、劇作家、評論家。生年月日は...
小説家

三島由紀夫は吉本隆明をどう見たか「これを彼が言うところが面白い」

小説家の三島由紀夫は評論家・思想家の吉本隆明をどう見たのだろうか。 三島は吉本隆明について『対談集 源泉の感情』で言及している。 三島由紀夫(みしまゆきお) 三島由紀夫は日本の小説家、劇作家、評論家。生年月日は1925年(大正14...
小説家

三島由紀夫から見たノーマン・メイラー「自分のことばかり話す男は嫌いだ」

小説家の三島由紀夫はアメリカの小説家、ノーマン・メイラーをどう見たのだろうか。 三島はノーマン・メイラーについて『対談集 源泉の感情』で言及している。 この記事の主要な登場人物 三島由紀夫(みしまゆきお) 三島由紀夫(小説家)・...
小説家

三島由紀夫は谷崎潤一郎をどう見たか「日本語を代表した偉大な作家」

小説家の三島由紀夫は小説家の谷崎潤一郎をどう見たのだろうか。三島は谷崎潤一郎について『対談集・源泉の感情』(河出文庫)の舟橋聖一との対談で言及している。 この記事に登場する主要な人物 三島由紀夫(小説家)‥‥‥ Wikipedia 谷...
画家

梅原龍三郎から見たピカソ「腕力が凄い」「一代の化け物だが悪趣味」

画家の梅原龍三郎は同じく画家のパブロ・ピカソをどう見ていたのか。 梅原はピカソについて、『小林秀雄対話集・直観を磨くもの』(新潮文庫)で、批評家・小林秀雄との対談の中で言及している。 梅原龍三郎 梅原 龍三郎(うめはら りゅうざぶ...
詩人

ゲーテ「レッシングは最高の知性をもっていた」「ヘルダーとヴィーラントは高い教養を広めた」

ドイツの詩人ゲーテは劇作家で批評家のレッシングをどう見たのだろうか。 ゲーテはレッシングについて『ゲーテとの対話』の中で語っており、同じ個所で哲学者のヘルダーや作家のヴィーラントについても言及している。 『ゲーテとの対話』はゲーテに...
詩人

ゲーテの見たナポレオン「いつも開悟して明晰で決断力があった」

ドイツの詩人ゲーテは、軍人からフランスの皇帝になったナポレオンをどう見たのだろうか。 ゲーテはナポレオンについて『ゲーテとの対話』の中で言及している。 『ゲーテとの対話』はゲーテに親しく接したエッカーマンによる著書。ゲーテを敬愛する...
詩人

ゲーテの見たクロード・ロラン「完全な人」「美しい思想と美しい感情を抱いている」

ドイツの詩人ゲーテは画家のクロード・ロランをどう見たのだろうか。 ゲーテはクロード・ロランについて『ゲーテとの対話』の中で言及している。 『ゲーテとの対話』はゲーテに親しく接したエッカーマンによる著書。ゲーテを敬愛するエッカーマンが...
タイトルとURLをコピーしました