初月無料、電子書籍200万冊以上が読み放題

Amazon Kindle Unlimited の詳細はこちら

芸術家カテゴリー

小説家

落合信彦にとってのカミュ「『シーシュポスの神話』は一番好きな本」

国際ジャーナリストで作家の落合信彦は、著書の『狼たちへの伝言』の中で、意外にもフランスの小説家、アルベール・カミュについてふれている。 この記事の主要な登場人物 落合信彦 落合 信彦(おちあい のぶひこ、1942年1月8日 - )は、...
小説家

北方謙三とギッシング「『ヘンリ・ライクロフトの私記』は繰り返し読んだ」

ハードボイルド作家の北方謙三は、あるインタビュー記事の中で繰り返し読んだ作品としてあまりに意外な小説家の作品を挙げている。 この記事の主要な登場人物 北方 謙三(きたかた けんぞう、1947年10月26日 - )佐賀県唐津市の出身。大学...
小説家

小林秀雄と江藤淳から見た三島由紀夫「あれは病気」「吉田松陰も病気か」

小林秀雄と江藤淳は三島由紀夫をどう見たのか。 小林と江藤は『小林秀雄 江藤淳 全対話』(中公文庫)の中で三島由紀夫について言及しており、そこではそれぞれの三島由紀夫観が鋭く対立していたことが窺われる。 人物紹介 小林 秀雄(こばや...
小説家

サルトルから見たカミュ「陰気くさい自惚れ」「君の天性である虚飾」

サルトルはカミュの著書『反抗的人間』に対するフランシス・ジャンソンの批判的論評が切っ掛けで始まった論争の中で、カミュの人柄について痛烈な皮肉を述べている。 人物紹介 アルベール・カミュ(1913年11月7日 – 1960年1月4日) ...
詩人

カミュから見たシラー「シラーは救い得たすべてを救ったので死ぬ」

カミュは『手帖』の中でシラーについて手短にふれている。 人物紹介 アルベール・カミュ(1913年11月7日 - 1960年1月4日) フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。 第二次世界大戦中に刊行された小...
画家

保田與重郎は梅原龍三郎をどう見たか。「この上ない無気力の表明」

批評家の保田與重郎は洋画家の梅原龍三郎をどう見たのだろうか。 保田與重郎は『日本に祈る』で梅原龍三郎に言及している。 人物紹介 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治43年)4月15日 – 1...
画家

保田與重郎は棟方志功をどう見たか。「ルオーに対抗する東方の天造物」

批評家の保田與重郎は版画家・棟方志功をどう見たのだろうか。 保田與重郎は『日本に祈る』の中で、ピカソ、ルオー、次いで棟方志功に言及している。 人物紹介 保田 與重郎(保田 与重郎、やすだ よじゅうろう)の生没年は1910年(明治4...
詩人

ヒトラーはゲーテをどう見たか。「ゲーテは反動でもなければ奴隷でもない」

ドイツの政治家・ヒトラーは、同じくドイツの文人・ゲーテに関してどのように言及したのだろうか。(取り上げる偉人(著名人)について) ヒトラーのゲーテへの言及は『我が闘争』の中に見ることができる。 アドルフ・ヒトラー(1889年4月20...
画家

ニーチェはクロード・ロランをどう見たか。「この英雄的・牧歌的なもの」

哲学者のフリードリヒ・ニーチェは、風景画家のクロード・ロランについてどのように考えていたのだろうか。 フリードリヒ・ニーチェのクロード・ロランへの言及は、ニーチェの遺稿集『生成の無垢』の中に見ることができる。 フリードリヒ・ニーチェ...
小説家

田中清玄は三島由紀夫をどう見たか。「剣も礼儀も知らん男」

戦後右翼の大物・田中清玄は小説家の三島由紀夫をどのように見ていたのだろうか。 田中清玄の三島由紀夫観は『田中清玄自伝』から窺うことができる。 この記事の主要な登場人物 田中清玄(右翼)・・・Wikipedia 三島由紀夫(小説家...
タイトルとURLをコピーしました