『憚りながら』

『憚りながら』
ヤクザ

長野修一の見た後藤忠政「本では格好良く書きすぎだが頭が良さそうな人」

暴力団組長の長野修一は後藤忠政をどう見たのだろうか。 長野修一は後藤忠政について、木村勝美の著書『竹中四代目暗殺事件のヒットマン・長野修一』に収録されている長野自身による獄中書簡の中でふれている。 「本では格好良く書きすぎだが頭が良...
ヤクザ

後藤忠政から見た中山勝正「偉そうなところがなくて実に爽やかな人」

元ヤクザの後藤忠政は、四代目山口組若頭だった中山勝正についてどう見ていたのか。 後藤忠政は中山勝正について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「偉そうなところが全然なくて、実に爽やかな人」 後藤忠政は中山勝正についてこのよう...
ヤクザ

後藤忠政から見た山本健一「懐の深い大物だなと改めて尊敬した」

元ヤクザの後藤忠政は、三代目山口組若頭で山健組組長だった山本健一についてどう見ていたのか。後藤忠政は山本健一について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「懐の深い大物だなって改めて尊敬させられた」 後藤忠政は兄貴分だった伊堂敏雄に...
スポンサーリンク
政治家

後藤忠政から見た安倍晋三「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は、政治家の安倍晋三についてどう見ていたのか。 後藤忠政は政治家・安倍晋三について、自著『憚りながら』の中で言及している。 「考え方は好きでいい政治家だと思ってたんだが…」 後藤忠政は小泉純一郎...
政治家

後藤忠政から見た小泉純一郎「国民の痛みなんか分かるわけないわな」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は政治家の小泉純一郎についてどう見ていたのか。 後藤忠政は小泉純一郎について自著『憚りながら』(宝島社)の中で、小泉進次郎や竹中平蔵らとともに言及している。 「国民の痛みなんか分かるわけないわな」...
政治家

後藤忠政から見た森喜朗「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」

元後藤組組長の後藤忠政は、自民党の政治家である森喜朗についてどう見ていたのか。 後藤忠政は森喜朗について、自著『憚りながら』の中で手短に言及している。 「俺みたいなチンピラでも呆れるぐらい」 後藤忠政は自著『憚りながら』の中で、自...
実業家

後藤忠政から見た堀江貴文「チンピラにもなれん小チンピラ」

元山口組系・後藤組組長だった後藤忠政は、元ライブドア社長の「ホリエモン」こと堀江貴文をどう見ていたのか。 後藤忠政は堀江貴文について、村上ファンド創設者の村上世彰や政治家の小泉純一郎とともに、自著『憚りながら』の中で言及している。 ...
ヤクザ

後藤忠政から見た竹中正久「この人のためならどんなことでも動く」

竹中正久は1984年に、三代目組長だった田岡一雄の死後空位となっていた四代目組長に就任するも、翌年の1985年にそのことへの不満から分裂した組織・一和会のヒットマンによって射殺されている。 その竹中について、山口組の二次団体である後藤...
右翼

後藤忠政から見た山口二矢「あんな生き方ができたらと憧れた」

山口二矢(やまぐち おとや)は戦後の右翼活動家としては、三島由紀夫、野村秋介あたりに次いで有名で、活動家の間で崇敬の対象とされる一人となっている。 その山口二矢について、元暴力団組長の後藤忠政は自著の中で言及している。 「あんな生き...
政治家

後藤忠政から見た小沢一郎「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」

山口組の二次団体組長だった後藤忠政は、自著の『憚りながら』の中で、当時の民主党政権を批判しつつ小沢一郎について触れている。 「権力闘争に強いが覚悟も信念も感じない」 その該当の箇所は次のようなものである。 俺は小沢さんという人は、もう...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました